スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【がん治療~効果的な温熱療法~】ハイパーサーミアで奇跡が起こる!?抗がん剤治療と苦痛なく併用出来る

がん温熱療法

温熱に弱いがん細胞の性質を利用して、温度を摂氏42~43度に上げることでがんをたたく、がん温熱療法の可能性について解説します。


これだけは知っておきたいがん温熱療法の基礎知識
放射線や抗がん剤との併用で効果。何より副作用がないのが利点



血流が少なく酸素不足。がん細胞は熱に弱い


では、なぜ温熱療法は放射線の効きをよくしたり、がんを縮小させたりするのでしょう。

がんに放射線をただ照射すると、通常の細胞より放射線感受性はむしろ低いと考えられています。それは、腫瘍には血流が少なく、酸素が不足しているためです。放射線は酸素があるとよく効き、酸素が足りないとあまり効かないのです。

そんな腫瘍に温熱を加えると、どうなるでしょう。血流が少ないだけに外から加わった熱が逃げず、腫瘍内の温度が上がります。血流が少ないだけでなく、腫瘍は正常の組織と違って神経に支配されていないため、温度が上がったときに血管を広げ、血流を増やして対応することもできません。結果として、がん細胞を殺す温度と考えられている42度を超え、がん細胞が死んでしまうのです。

また、温熱はがん細胞の壊れたDNAを修復する能力を封じる働きもあります。放射線はがん細胞のDNAを傷つけますが、温熱を加えられたがん細胞はこれを修復することができず、消滅してしまいます。ですから、放射線が効果的に効くのです。こうした効果は、近年、抗がん剤療法との併用でも確認されています。

がんサポート情報センターより



ハイパーサーミアは何故効くのか。
従来の考え方と新しい見方。


 がん治療の原則はどんな治療法でも同じで、正常細胞とがん細胞或いは正常組織とがん組織(腫瘍)とを区別してそのうち後者だけを選択的に排除することです。これは外科手術でも放射線療法、化学療法でも変わりません。最近遺伝子治療ということが言われていますが、何時も問題になるのがこの区別がうまくつくかどうかという点です。免疫療法は免疫ということ自身が異物を排除する機構ですから、がん治療でも大いに期待されるわけです。ところが治療の実情はどうでしょうか。

 手術では肉眼的にこの両者を区別します。しかし細胞レベルの区別は出来ません。放射線は初め正常細胞とがん細胞とで感受性が違うのではないかと期待されましたが、その後の研究でそのような差は認められず、丁度外科と同じように肉眼的な線量分布を正確にすることでがん組織だけを照射する努力が行われています。化学療法ではこの区別が不十分なために患者は副作用に悩まなければなりません。最近ようやく一部のがんに対して極めて特異的な抗がん剤が出来ましたが、それが今後にどんな問題をはらんでいるか、については「今月のトピックス:5月号」をご参照ください。

 この点でハイパーサーミアは極めて優れています。がんが腫瘍を作ればそこは血流が十分でなく酸素不足で乳酸が作られ酸性にかたむきます。一般に細胞は環境が酸性になるほど温度感受性が高くなり死に易くなります。また前にも述べたように血流が少ないと温度も上がり易いのです。放射線やある種の制癌剤は細胞のDNAに傷をつけますが、細胞自身はこれを可也の程度修復することが出来ます。ところが42℃以上になるとこの修復が働かなくなり細胞が死に易くなります。すなわち温熱には増感作用があるということです。

 細胞レベルでもがん細胞は正常細胞に比べて熱に弱いということが示されています。これらの細胞をばらばらにして熱を加えたときには差がありませんが、生体内で組織を作るように互いに接触させると、正常細胞は大変熱抵抗性になります。これには細胞間の密な連絡が役立っているものと考えられます*1。がんは悪性度が進むほど細胞間の連絡が悪くなるだけではなく、分裂もしばしば異常になりますが、がん細胞の分裂機構は熱に弱く、従ってがん細胞は熱にはますます弱くなると考えられます*2。また短期間の温熱抵抗性は生じますが、制癌剤の場合のように抵抗性のために無効になるというようなことはありません。従って何度でも繰り返して治療が可能です。

 このように従来からハイパーサーミアががん治療法として優れたものであることは明らかでしたが、最近その作用機構の研究が進むとともにその特徴が一層明らかになってきました。その第一は、加温方法と関連したものです。前にも述べましたように、部位加温の場合には、腫瘍局所の温熱による殺細胞効果の他に、周辺正常組織の適度の加温による免疫能の亢進が認められます。これはがん治療にとって意味のあることと考えられます。第二は温熱の作用機構に関したことです。制癌剤の場合にはそれぞれの薬剤で互いに異なる特異な目標があり、全体として良い効果を期待するためにはこれらを組み合わせる必要があります。ところが43℃の温熱では細胞内の蛋白の変性を通じて細胞のほとんど総ての成分が目標になります。それらをすばやく護り耐性を作るか、変性したものをいち早く除いて新しいもので補うか、などがうまく出来るかどうかで、正常細胞とがん細胞との温熱感受性の違いが決まるものと考えられます。このように攻撃する目標が多岐にわたることが、目標の限定されている制癌剤に比べてハイパーサーミアの優れた点です。


--------------------------------------------------------------------------------


*1:Watanabe M, Suzuki K, Kodama S, and Sugahara T (1995) Normal human cells at confluence get heat resistance by efficient accumulation of hsp72 in nucleus. Carcinogenesis 16: 2373-2380.
*2: Nakahata K, Miyakoda M, Suzuki K, Kodama S, and Watanabe M (in press) Heat shock induces centrosomal dysfunction and causes non-apoptotic catastrophe in human tumor cells. Int. J. Hyperthermia.

がんの温熱療法(改訂版)より



肝臓癌、肺がん、大腸癌などの癌の進行予防と延命治療に琉球温熱療法

琉球温熱療法は、熱を体の奥深くまで入れるために、沖縄の屋比久勝子先生により考案されたとても独創的でかつ理論的な方法・手法です。


癌細胞は熱に弱く、体温が低いほど増殖していきます。 また体温が1度下がると白血球の活性が30%以上ダウンするので、低体温になると免疫力が低下するともいわれています。

つるかめクリニックHPより



温熱・ハイパーサーミア医療機関リスト

東京クリニック

大阪ガン免疫科学療法センター



↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓


スポンサーサイト

閲覧者
プロフィール

dub314

Author:dub314
無限大の感謝 虹の父 滅原発即廃炉 避難移住疎開 被曝防御 瓦礫広域処理→いのちを守る緑の防潮堤 医療用大麻 脱法ハーブ撲滅 情熱 希望 慈悲 がん 鍼灸 宇宙 RADEX1503ロシア製 PM2.5 気になる情報不定期配信 私的メモ
twitter→@dub314

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
☆ランキングも宜しくお願いします☆

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。