スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【宮城県、放射性物質降下約1000万Bq/㎢増加】福島県8億Bq/㎢、宮城県1610万Bq/㎢、茨城県380万Bq/㎢、山形県310万Bq/㎢、東京都286万Bq/㎢等、2013年6月度全国月間定時降下物(7/31 原子力規制委員会)

画像クリックで拡大↓
2013年6月度全国月間定時降下物7/31原子力規制委員会
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/8000/7916/24/195_Jun_0731.pdf
(2013年7月31日 原子力規制委員会)



※注意※
単位はMBq/㎢(メガベクレルパー平方キロメートル)
つまり、1メガベクレル=100万ベクレルです。



過小に見えてしまう『メガベクレル』から通常視点の『ベクレル』に変換してみる事にしました。
降下量の多かった順で、都道府県別ランキング形式にて下記に示します↓



01・福島県 8億Bq/㎢
02・宮城県 1610万Bq/㎢
03・茨城県 380万Bq/㎢
04・山形県 310万Bq/㎢
05・東京都 286万Bq/㎢
06・千葉県 278万Bq/㎢
07・埼玉県 254万Bq/㎢
08・群馬県 230万Bq/㎢
09・栃木県 160万Bq/㎢
10・神奈川県 107万Bq/㎢
11・岩手県 69万Bq/㎢
12・山梨県 19.8万Bq/㎢
13・青森県 6.4万Bq/㎢
14・静岡県 5.7万Bq/㎢
15・新潟県 5.2万Bq/㎢



いずれもセシウム134、137合計
(青森、新潟、静岡県でのセシウム134はND扱い)



2013年5月分がどのようだったのかも同様の形式にて下記に示してみます↓



01・福島県 20億6100万Bq/㎢
02・茨城県 1700万Bq/㎢
03・東京都 1690万Bq/㎢
04・埼玉県 1170万Bq/㎢
05・山形県 960万Bq/㎢
06・群馬県 840万Bq/㎢
07・宮城県 660万Bq/㎢
08・栃木県 570万Bq/㎢
09・千葉県 550万Bq/㎢
10・神奈川県 370万Bq/㎢
11・岩手県 193万Bq/㎢
12・秋田県 40万Bq/㎢
13・長野県 39万Bq/㎢
14・北海道 38万Bq/㎢
15・静岡県 23.9万Bq/㎢
16・山梨県 23万Bq/㎢
17・鳥取県 9.9万Bq/㎢
18・青森県 7.5万Bq/㎢
19・新潟県 6.4万Bq/㎢



いずれもセシウム134、137合計
(青森、新潟、山梨、鳥取県でのセシウム134はND扱い)



画像クリックで拡大↓
全国定時降下物6/28
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/8000/7772/24/195_May_0628.pdf
(2013年6月28日 原子力規制委員会)



5月分のデータと比較してみると、
宮城県では、660万Bq/㎢から1610万Bq/㎢へと、『約1000万Bq/㎢』の増加がみられた。

しかし一方で、福島県では、20億6100万Bq/㎢から8億Bq/㎢、
茨城県では、1700万Bq/㎢から380万Bq/㎢へと減少に転じた。

その他の地域でも減少傾向にある事が、今回の原子力規制委員会による発表で明らかになりました。



6月28日に公表された2013年5月度全国月間定時降下物結果のまとめ記事はこちら↓



【鳥取県まで飛散している放射性物質の実態】
福島県20億6100Bq/㎢、茨城県1700万Bq/㎢、東京都1690万Bq/㎢、鳥取県9.9万Bq/㎢、2013年5月の全国月間放射性物質定時降下物(6/28原子力規制委員会)
http://dub314.blog.fc2.com/blog-entry-107.html


原発事故が収束しているのだと思われている人々も多くいらっしゃいますが、こうした数字で観てみると、原発事故は今日も続いている現在進行形の事故だとわかります。
除染をしても雨や火山灰のように降り続けている現実を考えましょう。
以前、Twitterで観た事のあるTweetから引用すると、



『火山灰が降ってるのに洗車する馬鹿はいねぇ』



この言葉、今も尚、降り続ける目に見えない放射性物質と重なるのが痛々しい今日の日本です。
更に、福島第一原発3号機から湯気が度々観測されていて、東京電力もこれを認めているという事。
湯気付近(格納容器上部)では、2000ミリSv/h以上の放射線量も公表されたばかりです。
そして、汚染水の問題も事態は悪化の一途を辿っています。



安心なんていう言葉は、数十年先でも言えない言葉なのです。



情報共有の為ブログランキング投票、ご協力宜しくお願いします。
↓こちらをクリック↓


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
悲劇を繰り返さないよう、多くの人々に情報が共有される事を願います。

下記の『ツイート』『いいね!』ボタンからTwitterやFacebookで共有出来ます。
ぜひ多くの方に御活用頂きますよう、宜しくお願い致します。

感謝m(_ _)m
スポンサーサイト

【7/26西日本各地で放射線量急上昇】線量上昇は佐賀県から始まり四国、京都でフォールアウトか?データと共に検証をしてみる。

全ての画像は、クリックで拡大します↓
7/26放射線上昇佐賀県
7/26放射線上昇大分県
7/26放射線鹿児島
7/26放射線上昇愛媛県
7/26放射線上昇高知県
7/26放射線徳島県
7/26放射線上昇山口県
7/26放射線上昇岡山県
7/26放射線上昇鳥取県
7/26放射線上昇京都府
7/26放射線上昇岐阜県
7/26放射線上昇北海道

http://ma-04x.net/all.html
全国放射線量サムネイル




7/26金曜日10時のPM2.5状況↓
7/26金曜日10時のPM2.5状況
http://taikiosen.jp/




7/26金曜日17時、降雨の状況↓
7/26金曜17時降雨状況
ウェザーニューズアプリからスクリーンショット




北海道の上昇は、スイス予測通りなので、福島由来の可能性が高いのかもしれません。
しかし、佐賀県から始まったように見える今日の西日本線量急上昇、原因は一体何か?
PM2.5の流れとにているようにも見えますが、徳島県同様に大阪府では放射線量の急変はありませんでした。
大阪でのPM2.5は60μg/m3前後の地域が多かったのですが、放射線量変化との連動は見られません。

九州から始まった放射線量急上昇は大陸由来なのか?
それとも、玄海原発で事故やベントがあったのか?
伊方原発が起因しているのか?

何れにせよ、これらの公式発表は数日〜数週間後となるのは毎度の事なので、各自で情報をチェックして自衛する他の術がありません。
ガイガーカウンターを持っているのならば毎日毎時常時、電源をONにして状況を把握しておく事が、この国では常識と化しています。

今後の状況、情報に注意して下さい。

情報共有の為ブログランキング投票、ご協力宜しくお願いします。
↓こちらをクリック↓


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
悲劇を繰り返さないよう、多くの人々に情報が共有される事を願います。

下記の『ツイート』『いいね!』ボタンからTwitterやFacebookで共有出来ます。
ぜひ多くの方に御活用頂けますよう、宜しくお願い致します。

感謝m(_ _)m

【鳥取県まで飛散している放射性物質の実態】福島県20億6100Bq/㎢、茨城県1700万Bq/㎢、東京都1690万Bq/㎢、鳥取県9.9万Bq/㎢、2013年5月の全国月間放射性物質定時降下物(6/28原子力規制委員会)

クリックで拡大↓
全国定時降下物6/28
http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/8000/7772/24/195_May_0628.pdf
6/28 原子力規制委員会


※注意※
単位はMBq/㎢(メガベクレルパー平方キロメートル)
つまり、1メガベクレル=100万ベクレルです。


下記では、過小に見えてしまうメガベクレルから通常視点のベクレルに変換してみる事にしました。
驚く事に鳥取県でも、『9万9000Bq/㎢』もの放射性セシウムが2013年5月に降った事になります。
という訳で、降下量の多かった順で、都道府県別に下記へ示します↓


01・福島県 20億6100万Bq/㎢
02・茨城県 1700万Bq/㎢
03・東京都 1690万Bq/㎢
04・埼玉県 1170万Bq/㎢
05・山形県 960万Bq/㎢
06・群馬県 840万Bq/㎢
07・宮城県 660万Bq/㎢
08・栃木県 570万Bq/㎢
09・千葉県 550万Bq/㎢
10・神奈川県 370万Bq/㎢
11・岩手県 193万Bq/㎢
12・秋田県 40万Bq/㎢
13・長野県 39万Bq/㎢
14・北海道 38万Bq/㎢
15・静岡県 23.9万Bq/㎢
16・山梨県 23万Bq/㎢
17・鳥取県 9.9万Bq/㎢
18・青森県 7.5万Bq/㎢
19・新潟県 6.4万Bq/㎢
いずれもセシウム134、137合計です。(青森、新潟、山梨、鳥取県ではセシウム134はNDの扱いでした。)


意外にもなのか当然なのか、東京都は福島県、茨城県に次いで3番目に降下量が多いのですね。
茨城県との開きは10万Bq/㎢の僅差です。

これらの放射性物質は何処からやって来ると思いますか?
2012年8月27日、原子炉建屋からの追加的放出量の評価結果では、毎時0.1億ベクレルもの放射性物質が放出されているとの試算が発表されています。
そして以前、当ブログ内記事にもある通り、2013年6月4日に行われた東電記者会見では、連日連夜昼夜問わず、水蒸気に含まれる放射性物質は放出中だとキッパリ断言されていますから、福島第一原発から今もそれらの放射性物質が放出され、日本中にバラ撒かれている実態が浮き彫りです。
世界中と言っても過言ではなさそうですが。

一連の定時降下物結果を観ると、関東地方での降下量は他地域と比較すると桁が違うので、日常的にマスクなどで自衛される事が賢明ではないかと思います。

当ブログでは、それらの観点からスイス予測の分割画像を記録しています。
スイス予測が更新されてしまうと、前回までの拡散分がリセットされてしまう為、当ブログの記録を合わせて閲覧する事により、予測が立てやすいのではないかと考えます。
ぜひ御活用下さい。

スイス予測カテゴライズ↓
http://dub314.blog.fc2.com/blog-category-17.html
ブックマークされると便利です↑

情報共有の為ブログランキング投票、ご協力宜しくお願いします。
↓こちらをクリック↓


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
悲劇を繰り返さないよう、多くの人々に情報が共有される事を願います。

感謝m(_ _)m

【東京都で降り積もり続ける放射性物質の実態】原発事故のあった2011年から減らない現実。これを観てもマスクしないのですか?

画像クリックで拡大します↓
東京都定時降下物6/28
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/mon_fallout_data_1month.html
東京都健康安全センター

よく見て下さい。
事故後、ある時期から減っていません。
むしろ増えたりしてます。
何故だと思いますか?


答えはこちらにあります↓


【毎日撒き散らしている放射性物質】2013年6月4日、東電記者会見で、水蒸気に含まれる放射性物質は、連日連夜放出中と断言。
http://dub314.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

なるほど。
福島第一原発から毎日、連日連夜、モクモクと水蒸気に含まれる放射性物質が放出され続けているのですね。

それならば、スイス予測は、日本政府がスローリーだったSPEEDIの役割を果たしているのでしょうね。
スイス予測を侮ってはいけませんね。
なので当ブログでは、スイス予測の分割画像記録を継続しています。


スイス予測のカテゴライズはこちら↓


http://dub314.blog.fc2.com/category17-2.html


これをブックマークしておくと、常に過去分も追って閲覧出来るので、状況が掴みやすいと思います。
スイス予測は、更新されると更新前に拡散された分がリセットされた表示で福島第一原発からスタートするので、分割画像記録と見比べてオリジナルな予測をして頂ければと思います。
同時に風向きなども随時調べる事で、不測の事態を回避出来るものと考えます。



情報共有の為ブログランキング投票、ご協力宜しくお願いします。
↓こちらをクリック↓


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
悲劇を繰り返さないよう、多くの人々に情報が共有される事を願います。

感謝m(_ _)m

【福島県】定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第547報) (6/27福島県)

福島県定時降下物6/27
定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第547報)
平成25年6月27日福島県
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/koukabutsu547.pdf


情報共有の為ブログランキング投票、ご協力宜しくお願いします。
↓こちらをクリック↓


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
悲劇を繰り返さないよう、多くの人々に情報が共有される事を願います。

感謝m(_ _)m

閲覧者
プロフィール

dub314

Author:dub314
無限大の感謝 虹の父 滅原発即廃炉 避難移住疎開 被曝防御 瓦礫広域処理→いのちを守る緑の防潮堤 医療用大麻 脱法ハーブ撲滅 情熱 希望 慈悲 がん 鍼灸 宇宙 RADEX1503ロシア製 PM2.5 気になる情報不定期配信 私的メモ
twitter→@dub314

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
☆ランキングも宜しくお願いします☆

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。