スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集「原発国民投票」関西テレビ・スーパーニュースアンカー

関西テレビ(KTV)でこんな特集が放映された


以下、番組内から書き起こし


何故、原発の無い大阪市で問うのか?そして政治家ではなく市民が決めるべきなのかどうか?考えます。



ナレーション



今月9日から、大阪市内各地で署名活動が展開されています。

市民団体が訴えているのは関西電力の原子力発電所を稼動させるかどうか?

市民投票で決めさせて欲しい、という事です。

法律の定めにより、大阪市内の有権者の2%

4万2000余りの署名が来月9日までの1ヶ月間で集まると

その要求が市長を通して市議会に届けられます。

そして市議会で条例が可決されると福井県にある関西電力の原子力発電所を動かすのか?止めるのか?

電力の大消費地である大阪の市民が投票するのです。




みんなで決めよう「原発」国民投票 今井一 事務局長のコメント↓


あ、これは大阪市民の問題なんだと

福井の人達の問題であると同時に

自分達の問題でもあるんだという事を自覚してもらえるなと思って。

自分も含めてあまりにもその自覚が薄かったと思っています。

主権者である私達が自分達で良く話し合って

そして最終決定を下して、責任も自分達で取ると

その為には市民投票というツールというか手段が一番うってつけだと

思ってこの直接請求をやろうという風に考えた訳です。




以下、ナレーション


これに対し原子力発電への依存度低下を目指し

関西電力に対する株主提案権の行使を選挙で掲げ民意を得たという橋下市長。

今回の市民投票に向けた動きには冷静な様子です。




橋下徹 大阪市長コメント↓


住民の皆さんがされる事について僕がとやかく言う事ではないですけども

住民投票を否定するわけじゃないので

この住民の皆さんの活動は活動でしっかりやっていただければというように思ってます。




以下、ナレーション


一方で諸外国では市民や国民が選挙以外の直接投票で物事を決めるのは珍しくありません。

福島の事故を受けてイタリアでは原子力発電所の再開の是非を問う国民投票が行われました。

日本でもこれまで自治体の合併や、公共事業の是非を問う住民投票が行われてきました。

原子力発電所についても地元自治体で建設計画を問うものはありましたが

稼動の是非を問う投票は実現すれば初めてとなります。

今回原子力発電に関する署名集めを行っている人の多くが

これまで政治活動等に関わったことのない人達です。



中央区の主婦 岩崎芽依子さんのコメント↓


しんどいのはしんどいです。

この市民投票やってるっていう事を知らない人もいたりとか

まずそこからの説明でそこをちゃんと聞いてくれる人、聞いてくれない人にまず分かれてくるって事もあるので

まぁやっぱりそのへんの時間が足りないですよね。



以下、ナレーション


中央区の主婦、岩崎芽依子さん

小さな子を持つ母として、福島の事故の後にエネルギー問題に関心を持ち、活動に参加しました。

地元の人が行き交う区役所前等で署名集めに励んでいます。



署名した人のインタビュー↓


男性 「勝手に決められるよりは自分らで、その意見を出してっていうのは確かにするべきだやと思う」

女性 「自分達の意思とかもちょっと聞いて欲しいなと思って」



以下、ナレーション


ところが法律で正式に規定された法廷署名である為、

一人一人に氏名、住所、生年月日を書いてもらう必要があり、印鑑か母印が必ずいります。

さらに今回の活動の認知度も高くはなく、街の人の反応も様々です。



街の人、インタビュー↓


年配男性 「市民がやったってそりゃだめでしょ。それこそ市議会とか府議会とか国会議員とか、我々が選出した人がちゃんとやってくれたら良いわけであって」


中年女性 「市民限定というのは『?』という感じがするけどね。日本全国で捉えるべき問題じゃないかなとは思うけどね、原発に関しては。」




以下、ナレーション


大阪市中央区で手打ち蕎麦店を営む「蔦谷健介さん」も署名集めに参加している一人です。

エネルギー問題への関心は以前から持っていましたが

福島の事故を受けもっと多くの人と共に考えたいと思うようになりました。

店を訪れる客に署名を依頼し、コツコツと1日平均10人分を集めています。



蔦谷健介さんインタビュー↓


投票があるよっていうのがわかれば、みんながもうちょっと考えれるかもしれないですしね

無ければたぶん考えないかもしれないしね

みんながもう少し考えようっていう、たぶん考えてない人もたぶんたくさん無党派層みたいなもので。



シーンは山本太郎氏が心斎橋筋で街宣



以下、再びナレーション


蔦谷さんは仕事柄、街頭で署名を集める機会は多くはありません。

しかしこの日は応援に駆けつけた俳優の山本太郎さんと共に待ち行く人に声を掛けます。



蔦谷さん↓


いつもよりはいいですね、やっぱり。

いつもの僕よりは、ね、勝ち負けはあるけどやっぱりみんなの意識を高めたいっていうのもありますね

やっぱり、こんなに大事な事なんでみんながこう、反応して欲しいな。



以下、ナレーション


市民団体が構える事務所では、毎晩、その日の署名集めの成果を報告し

翌日以降の作戦を話し合う会議が開かれています。

集まった署名はおよそ、1万7000

大阪では市民の関心が高くは無いのかと感じさせられる日々です。

市民投票の実施には4万2000あまりの署名集めが絶対条件です。

この年末年始が正念場だと考えています。



今井一氏コメント↓


原子力発電所については、問題が大き過ぎます。

これは、主権者一人一人で、良く考えて、良く話し合って

市民投票で決着をつけるべきだと思ってます。



以下、ナレーション


大事な事は自分達で決める

原子力発電の是非を、大都市で問うというかつて無い取り組みは実施されるのでしょうか?



VTRはここまで



以下、スタジオでのアナウンサー締めのコメント


この署名集めは、年末年始も行われます。

詳しくはご覧の電話番号に問い合わせるか、HPをご覧下さい。



山ヒロアナ


あのー、市長選も市議選も、民意は反映させられるんですけれど

だけどその、今回の株主提案権の行使も公約に掲げてますので

それに賛成した人が多いって言えば多いんですが

ただ、あらゆる政策が争点に含まれているのでもう一つ

この原発問題について民意がどれだけ反映されたかっていうのは明確ではないわけですから

そう考えると住民投票っていうのは脱原発について住民はどういう風に思うのかって事がはっきりしてくる訳なので

すぐに止めるって形にはならないですけどね、ハードルが多いので

だけど、まぁ、なんでしょうね

んー、電力会社の株を持たない自治体の市民も本当は関われるような

それをいうと国民投票が一番わかりやすいっていうのかな

まぁいずれにせよきちんと、原発問題について考えるきっかけになればいいなという風に思いますね。



特集でした、ニュースを続けます。





以上、全文書き起こしました。

個人的には珍しく褒めてあげたい報道に驚きもあるが

ここは感謝したい。






みんなで決めよう大阪市「原発」市民投票 http://kokumintohyo.com/osaka/






↓Twitterでつぶやいてます↓

アカウント@dub314 http://twitter.com/dub314





最後に拍手があるとやる気が出ますw




関連記事
スポンサーサイト

福島県南相馬市から来た子供達と餅つき@モモの家

「モモのおもちつき」With 南相馬市の子供達@モモの家2011.12.25 SUNDAY



今日は大阪府吹田市にある「モモの家」大阪吹田のコミュニティスペースへ家族で




モモの家とは?




以下、モモの家HP http://www.momo-family.org/より引用します。




1996年より、庭に大きなクスノキのある古民家を借りてはじめる。

人がありのままで、ゆるやかに交わる場所。

会員によるランチやカフェ、野菜市の開催。

糸つむぎ、手縫い、染め、織りなどの手仕事。

お金について語らう会、暦のワーク、Art展など、さまざまな試みを続けている。




そして、今日は何があったかというと、餅つきがあった。




福島から冬休みを利用して、大阪へ短期避難してきた子供達も参加した。




内容は、12月25日(日)
今年も1年ありがとう
モモのおもちつき

8時~準備開始
10時~つきはじめて~夕方まで

モモの家 年末恒例のもちつきです
庭で薪を炊いて、もち米を蒸し、杵と臼でもちをつきます
好きな時間に来てもらっても大丈夫です

ご家族みんなで来てね!




(HPより引用)




我が家は遅刻しての参加で、到着した時には餅つき終了




その後、鍋のパーティーがあり準備をしている最中だった




妻と4歳の娘がお手伝い




1歳の長男のお守りをしてると、娘が「ゆび、きってん!」




しっかりと絆創膏で巻かれているではないかwww




幸いにも軽傷、でも4歳ってお手伝いしたかったりしてかわいいなと思った。




その間に、福島から来たお母さんとお話をする機会に





「どちらから来はったんですか?」





お母さん 『原発事故で有名になった南相馬市です(笑)』





「はは・・・・・・(汗)」





はっきり言って笑えない




実際に聞いたら笑えない、自己紹介で故郷が原発事故のって…




SPEEDIが何故、公表されなかったのか




東電の保障、8万円は半年後位になる




交通事故の自賠責程度なんだって




被曝して慰謝料込みでこんな金額、交通事故に遭う方がマシ




仮設住宅選びもガイガーで線量の低い所を探して慎重に選んだと





除染して線量が下がっても、しばらくするとまた線量が上がる




そう話すのである。

そして子供達はWBC(ホールボディカウンター)の事について口を開く。




「ホールボディカウンターやった?」




『やったよ!こうやってやるやつ(様子をジェスチャーする)』




「甲状腺もやった?ノドのところ、そう、そこ!」




『ここもやったよ!』




「わたし、来月なんだ~」




これ、40歳がん検診の会話?と耳を疑いたくなる言葉が溶け込んでいる




もちろん笑顔で普通の会話…さすがに突っ込めなかった




子供達はすぐに打ち解けて、逆に可愛がってもらって終始「かわいい~♪」と相手してくれて




色々、聞きたい事があったけど、話してくれる言葉を咀嚼するのに精一杯だった





そんな中、待望の鍋がテーブルに到着する。


モモの家








寒波襲来の中でも、西も東も関係なく鍋をつつく







モモの家


モモの家





そして「居心地いいね♪」




「大阪の人は温かいね♪」




それを聞いてお腹いっぱいになった。






モモの家






温かい笑い声が時間を忘れさせた。





1月5日に帰るそうだ




大阪に引き止めたいけど何も出来ない自分に悔しくなった…




自分が出来る事、しっかりと考えて行動していきたい。




汚染瓦礫の拡散は、非難してくる住民を冒涜する事になる




汚染食品の拡散も同じである




そして、意味の無い除染よりも、何よりも最優先するべき事はこれ以上、被曝をさせてはいけない





子供達にはすでに時間が無い





福島県民の避難希望者に避難させるべきである





何度も何度も「居心地いいね~♪」が忘れられない




モモの家




ツイッターで呟いてます




アカウント@dub314 http://twitter.com/dub314




「みんなで決めよう『原発』国民投票」大阪市民投票

みんなで決めよう『原発』国民投票



ご存知でしょうか?



2011年12月10日より始まったのが「みんなで決めよう『原発』国民投票」@東京都民投票&大阪市民投票




東京電力、関西電力の大株主である東京都と大阪市で住民投票を実現させ、その結果をもとに東京都知事、大阪市長に、東電、関電へ働きかけてもらう。


これは、東京都と大阪市で原発の是非を問う住民投票の条例作りに必要な署名を集める活動で、東京は2ヶ月以内、大阪は1ヶ月以内に有識者の50分の1以上の署名を集めなければならず、東京では約21万4200人、大阪市では約4万2700人となる。






そこで今回は、大阪市民投票にスポットをあてる


大阪市民投票
ここで署名ができます!大阪市民投票HP

↑上のリンクで大阪市内の署名活動状況が随時、確認出来ます。




大阪市民の方で署名を集める人(受任者)になれる有権者は是非、ご協力下さい。



署名だけでも構いません。



お手伝いだけでも構いません。




この動きは、市民が起こした市民運動。



今回の福島第一原子力発電所事故で何を学び、どう行動するのか?



我々、大阪市民は何を学び、どう行動するのか?



無関心でいる事は、何でも賛成と言っているのと同じなのだ。



それがどういう事か?



政治家の文句を言うよりも、しっかりと自分の意思を表示する事で、初めて動き出す山なんじゃないか?



いくら山に文句を言っても、「やまびこ」になって還ってくるのがオチだから。



そして、大阪市民一人一人が原発とは何か?学ぶきっかけにもなるんじゃないか?



原発がなぜ必要か?必要では無いのか?



何も知らずに原発を動かしてしまっている事にも気付いて欲しいな………




大阪市民投票事務所

〒550-0015

西区南堀江3-8-12 良友ビル1階

FAX:06-7635-5392

TEL:06-4390-5930 gvotekansai@gmail.com



大阪市民投票公式HP

http://kokumintohyo.com/osaka/



原発国民投票賛同人

山本太郎ツイッターhttp://twitter.com/yamamototaro0


チバレイ(千葉麗子)ツイッターhttp://twitter.com/CHIBAREI_DURGA


今井一ツイッターhttp://twitter.com/WarszawaExpress





ツイッターでつぶやいてます

ツイッターアカウント@dub314 http://twitter.com/dub314



前回、たくさんの拍手を頂き、ありがとうございました。


引き続き、あたたかい拍手、宜しくお願いしますm(__)m



関連記事

保育園との話し合い3(給食、放射能、内部被曝)

保育園との話し合い3(給食、放射能、内部被曝)




後日、保育園から電話がかかって来た


あれから翌日に職員会議を開いてくれたそうな


お弁当も検討


産地の話は米が奈良県産…ん?


こないだ見た米袋にはしっかりと「庄内産」表記


食育、材料にこだわって低農薬だのなんだの言ってたのに


米の産地もコロコロ変わるのか?


結局は食材業者の言いなりに仕入れているのではないのか?


勘繰り過ぎかもしれないが、何だかだんだんわからなくなってきた


そうこう考えてる中、現実的な問題にも直面する


そう、このまま登園しないのならば、毎月の保育代もバカにならず経済的にもつらい


妻も仕事を辞めたところなので思い切って辞める事に


本来、働いてないなら保育申請は出来ない


我が家には妻がいる


子供を保育園に預ける特別な理由はもう無い


しきりに団体生活がと言うが、家庭で愛情を与えるほうが良い


なにも保育園に限定する必要は無い


地域のコミュニティでも団体生活だ


むしろ教育方針の選択肢は増え、情報量も豊富に


働いていてどうしても子供を保育園に預ける人は多い


将来の学費、親の介護、自身の老後…


事実、生きている限りお金はかかる


でも、お金で将来が決まるなんて教育はしたくない


愛情たっぷりの大人に育ってくれたらなぁ


大人も子供も十人十色


それぞれのスタイル







Twitterでつぶやいてます


アカウントは@dub314 http://twitter.com/dub314





関連記事

保育園との話し合い2(給食、放射能、内部被曝)

そして、保育園との話の続き




妻と私は会議室に通された




しばらくすると、園長、他2名の職員が入室





空気はとても重く感じられ、場には笑みが消える





すかさず昨夜、作成した資料をそれぞれ渡し本題へと入る事になる





冒頭から


園長   『んー…私は放射能に対して全くわかりません』





私    『今、全てを話するのは膨大な情報な為、時間が足りません。簡単にまとめてあるのがお渡しした資料になります。』





私    『給食から弁当持参については資料の通り、そして関東では当たり前の議論になっています。』





園長   『うちの食材は、低農薬な物を使っているし…信じて下さい』





私    『以前からも言っていますが、給食食材の産地を公表すれば少なからず安心にも繋がりますけど…』





園長   『給食食材業者は昔からの付き合いもあるし…毎日の事だから公表するのが難しい』





私    『政府が言うように、後だしジャンケンみたいに知るのは恐いです。特に魚への汚染も始まり、陸揚げされた所が産地になる今の現状からすれば、まさに放射能のロシアンルーレットを子供にさせる事になる』





職員   『お家ではどうせれているんですか?』





妻    『主に九州産、岐阜よりも西の物を買っています。肉はだいぶ減らしましたが、オーストラリア産、ブラジル産、アメリカ産で魚も国内物は一切買っていません。』





職員   『はぁ…ぁぁ(感心のような…)』





園長   『弁当は持って来ても構いません。出来れば給食献立と同じにして欲しい』





私    『それはこちらも対応しなければなりません』





職員   『アレルギーの場合も……』





私    『誰だって放射能はアレルギーじゃないんですか?信じてくれと言われても、実際に線量を測れば出てくるんですよ。それならしっかり数字で出せば本当に信用が出来る』





園長   『でも、本当にうちは食育もしっかりとテーマにしているし、そこが自慢なんですよ。信用できませんか?んー、困ったなぁ…悩むなぁ…』





園長   『食材業者には…話をします』





私    『そうです。放射能の事をしっかり勉強して意識を共有しなくてはならないです』





園長   『給食の時、弁当から給食用のお皿に移し変えて等の対応は出来ます。でも、決まりがあって、調理してから2時間以内に食べないといけない。だからおやつはどうしましょう…』





私    『ありがとうございます。おやつはメニュー合わせるのも難しいかもしれないですね。時間制限まであると限られてくる…難しいですね』





園長   『そして、お子さんの気持ちも大事なんです。本人がどう思うか…それが心配で』





私    『そこは一番肝心なところだと思います。でも病気になるかもしれない問題ですから保育園を辞めて近所のコミュニティで育てる事の方が本人の為になると思います。実際、妻も仕事を辞めました。だから保育園に子供を預ける定義が無いのですから、辞めるのも簡単です。しかし、自分の子供だけの問題ではない』





園長   『困ったなぁ…食育は自慢のテーマで、仲間と協力し合って同じテーブル楽しく食べて、いっぱい遊んで良く寝て…』





私    『311以降、世界は変わったんです。園長が言うように、そのスタイルが好きだったし子供にも良いと思ってました。それと放射能は別物なんです』





園長   『国が大丈夫と言っているのを信じるしかない。大阪市が大丈夫と言っているから』





私    『国は教えてくれませんよ。だから私みたいな個人が動いているんです。調べているんです。後でわかって手遅れになりたくないでしょ?』





園長   『お父さん、どこで調べてくるんですか?』





私    『インターネットからが多いです。テレビではほとんど言われていない情報がたくさんあります。今、こうして動いている人は、子供を抱えた時間の無いお母さん達なんです』






園長   『保育園としては活動に関わることは出来ませんが弁当に対しては認めます』





園長   『国がちゃんと説明してくれたらいいのに…』





私    『因果関係は認めませんから無理ですよ、今だって既に時間がないんですよ。あれから8ヶ月も過ぎたんですよ?なのに政府は来年の4月から、乳幼児等の暫定基準値改正なんて…今すぐにやらなくてはいけないんです』





園長   『そうですよね…8ヶ月…』





園長   『お弁当はお母さん、大変だと思いますけど大丈夫そうですか?』





職員   『本当に大変だと思うし、お父さんも協力しないと…』




妻    『………』




私    『………』




園長   『このまま見切り発車するのはやめておきましょう、一度、話を持ち帰りませんか?』




私    『それでいいと思います。お渡しした資料をよくご覧になってからで。今は消化出来ませんから。ただ、このような場を作り、議論する事だけでも意味があると思います』





園長   『明日からお子さんはどうしますか?』





私    『弁当の話が決まるまでは休ませます』





園長   『わかりました』










簡単な流れはこんな感じで2時間程





意識の薄さは国や市が言っている事の丸呑みで、情報なんて一つも持っていなかった





この無知ぶりは、関西の教育現場では当たり前の事なんだろう





危機意識の薄さ、行政の一部である保育園の立場が浮き彫りになったが、柔軟な対応は評価出来る





お互いにこの問題は協力、共有していく事となったのだが、この日はその第一歩となったのである






ちなみにうちの子供に何度聞いても『保育園、だ~いっきらい!だってママとバイバイするのいややもん』





これが本音やわ






母の愛が一番必要なんだと改めて感じた一日でもあった











ツイッターで呟いてます



ここクリックでツイッターアカウント@dub314へ飛びます






随時、更新します








拍手があるとやる気が出ます(笑)




関連記事

閲覧者
プロフィール

dub314

Author:dub314
無限大の感謝 虹の父 滅原発即廃炉 避難移住疎開 被曝防御 瓦礫広域処理→いのちを守る緑の防潮堤 医療用大麻 脱法ハーブ撲滅 情熱 希望 慈悲 がん 鍼灸 宇宙 RADEX1503ロシア製 PM2.5 気になる情報不定期配信 私的メモ
twitter→@dub314

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
☆ランキングも宜しくお願いします☆

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。