スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【沖縄で給食食材からセシウム検出】キノコの危険性について考える

2012/01/31
給食食材にセシウム「基準値内の低い値」

 沖縄本島南部の小学校給食で児童が食べた長野県産エリンギから、昨年の福島第1原発事故が原因の1キログラム当たり1・12ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが30日、分かった。国が定めた食品の暫定基準値は1キログラム当たり500ベクレルで、琉球大機器分析支援センターの棚原朗准教授は「すぐに人体に影響を及ぼす数値ではない」と説明している。

 同小学校の保護者らの要望を受けて、子どもを放射能から守る会おきなわ(龍野愛代表)と放射線測定会社「緑のシーサー」(谷村丹社長)が昨年11月下旬、同センターに分析を依頼し、同月内に結果が届いた。

 棚原准教授によると、検出されたのは天然ではほとんど存在しないセシウム134(0・46ベクレル)とセシウム137(0・66ベクレル)。セシウム134は半減期が2年と短く、この2年以内で考えられる原因は同事故と断定できるという。ヨウ素131は不検出だった。

 同小学校がある自治体の教育委員会担当者は「基準値内の低い値で、今のところ新たな対応は考えていない。0ベクレルの食材使用を求める声もあるが、予算の確保などで検査体制の整備が難しい上、使える食材がかなり限定されるので、現状では厳しい」と話す。県教育庁は各市町村へ注意喚起を促す考え。

 一方、龍野代表は「子どもが食材を選ぶことができない給食で検出されたことを重く受け止めてほしい」と指摘。放射性物質検査対象地域から食材を取り寄せる場合、献立が決まった時点で検査体制を整えるよう提案する。

 県内の学校給食の食材は、肉や魚、野菜などの生鮮食品は各市町村が独自に購入し、米やパンなどの主食や牛乳、加工食品は県学校給食会が一括調達した上で各市町村に売却している。

 厚生労働省は「一般食品」は現在より厳しい1キログラム当たり100ベクレルとする新たな暫定基準値を決め、4月から適用する。

沖縄タイムス 2012年1月31日 09時30分


キノコの危険性


生物濃縮

降下した放射性物質が土壌の表層に多く存在するため、表層の物質を主な栄養源とする菌類の種では植物と比較すると、特異的に高い濃縮度を示すものがあり、野生のアンズタケ (Cantharellus cibarius) など一部のキノコでは、セシウム137の生物濃縮が行われ周囲の植物より高濃度に蓄積することが知られている[52]。また、屋外で人工栽培されるシイタケやマイタケでも濃度が高くなる傾向があることが報告されている[53]。
wikipedia



栽培キノコ及び培地中における放射性セシウム濃度

埼玉県内で生産されたキノコの放射能調査を実施した。137Csは全ての試料から検出され,子実体は0.012~2.1Bq/kg生,培地(菌床)は0.080~1.8Bq/kg乾であった。子実体の137Cs濃度はキノコの種類によって異なり,ヒラタケ及びエノキタケが低く,シイタケ及びマイタケが高い傾向がみられ,種類別の平均値でみると30倍以上異なった。また,137Csの濃度比(子実体/培地)は0.11~0.53であり,他の野菜等の移行係数に比べ高い傾向を示した
日本アイソトープ協会



原発事故関連情報(6):森林生態系における放射性セシウム(Cs)の動態とキノコへの移行

3.キノコへのCs-137の移行

チェルノブイリ原子力発電所の事故以降、キノコ中放射性Cs濃度の高いことが数多く報告されている(例えば、Battistonら, 1989; Bemら, 1990; Kammererら, 1994)。日本においても一般の食品に比べ、キノコ中Cs-137濃度の高いことが知られている(杉山ら, 1993; Ban-naiら, 1997)。そのためチェルノブイリ事故以降から1990年代において食品摂取により人体へ移行するCs-137の約30~50%がキノコ由来であると推定されている(五十嵐ら, 1989; Ban-naiら, 1997)。また、野生種のキノコ中Cs-137濃度は、人工栽培されたキノコより高い濃度にあることが知られている(杉山ら, 1990; Ban-naiら, 1997)。キノコの菌糸が生育する基質中Cs-137濃度によるが、一般に腐生性キノコに比べ菌根性キノコ中Cs-137濃度で高い濃度にある。更に、基質中Cs-137濃度が比較的一様であってもキノコ中Cs-137濃度は種類によって数桁の濃度範囲にあり、キノコ中Cs-137濃度はキノコの種類に依存する(Kammererら, 1994; Tsukadaら, 1998; Yoshidaら, 1994)。キノコの移行係数(乾燥基質1 kg当たりの放射能濃度(Bq/kg)に対する乾燥したキノコ1 kg当たりの放射能濃度(Bq/kg乾物)の比)の平均値は、15(Ecklら, 1986)、9.3(Tsukadaら, 1998)等と報告されている。また、菌糸が存在する基質毎にキノコの種類を分けて調査したCs-137移行係数は、>10(木質)、5.5(リター)、13(表層0-5 cm土壌)、11(>5 cm土壌)との報告もある(Yoshidaら, 1994)。

4.キノコにおけるCs-137の動態

キノコから高濃度のCs-137が検出されることは国内外で知られているが、その高濃縮特性を説明しうる知見は明らかではない。ここでは、おもに腐生性のヒラタケを用いた培養実験に基づくCs-137の動態の一端を示す。通常、国内産キノコ中のCs-137濃度は市場流通の多くを占める腐生性では野生種の菌根性のものに比べて低い数値を示す。しかしながら、培地のCs-137濃度に応じてヒラタケ子実体中濃度も増加することから(杉山ら, 1993)、子実体中濃度は菌糸の種類のみならず、基質中Cs-137濃度にも大きく依存すると考えられる。キノコによるCsの取込みについて同族のアルカリ元素共存下における影響を検討した結果、ヒラタケ菌糸によるCs-137の取込みは、安定元素のCs、K、あるいはルビジウム濃度の増加により減少し、互いに拮抗的な取込みにあることが示されている(Teradaら, 1998)。培地にCsを添加したヒラタケ培養菌糸のNMR測定からはCsイオン態とは別のピークの存在が認められており、Csの高濃縮性との関連が推察される(Kuwaharaら, 1998)。走査電子顕微鏡-元素分析装置よりCsの組織内での局在性が観察され、細胞分画実験においては細胞小器官(液胞分画)におけるポリリン酸との関連が示唆されている(Sugiyamaら, 2008)。以上は、キノコにおけるCs-137動態の一部であり、その特異的なCs高蓄積性の解明にはさらなる研究が求められる。
日本土壌肥料学会


せめて1~2年様子をみませんか?

福島だから危ない!?
沖縄だから大丈夫!?
現実に全国で食品中から放射性物質が検出されているのにうちは大丈夫!な訳ないのです。
特に子供は放射能に対しての感度が鋭いので、細心の注意を大人がしてあげなくては誰が守るのか?



キノコ・牛乳・魚・肉は特に気を付け続けなければなりません!!


↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓


関連記事
スポンサーサイト

【東京都放射線量測定結果②】葛飾区公園側溝からMax0.80μSv/h~他人事の葛飾区民~2012/01/25データ

2012/01/25 晴れ@東京

※画像はクリックで拡大します

東京都葛飾区
公園②入り口地表
20120125koueniriguchi 0.38μSv/h


公園②土壌
20120125kouenn 0.58μSv/h


公園②土壌
20120125kouen 0.67μSv/h


側溝
20120125sokkou 0.60μSv/h


側溝②
20120125sokkou2 0.54μSv/h


尚、空間線量は0.10~0.18μSv/h、Max0.27μSv/hでした


測定機種: RADEX RD1503
測定方法: 地表5cm 空間1m アルミ遮蔽なし 160秒平均
測定者 : dub314
測定日 : 2012年1月25日



まとめ

昨日同様に公園土壌ではガイガーカウンターの警報アラームが鳴り止むことは無かった。
瞬間Max0.80μSv/hを計測。
これは児童公園というより大人の公園だ。R20指定間違いない。公園で放射線量測定をしていると『何をしてるんですか?』と聞かれたので『放射線量の測定をしています』と答える。すかさず『どの位あるんですか?』の問いに『公園で地表0.5μ、空間線量もやや高いです』それを聞きビックリした様で、私は間髪入れずに『子供が遊ぶ場所ではないです』と言うと『間違いない』そんな人が5人程いた。中には『大人はいいけど子供には良くないね』と言う人もいたのだが、事故後、今日までこんな状態でのんきに寝ぼけた事を言っているなぁと思った。
もちろん私は測定した東京には住んでいない。があんたら自分達の住む街だろ!?
隅々まで汚染物質に汚されて、そんな場所で子供達をほったらかしでいいの?
せめて子供にはマスク位させないと親のエゴ虐待だ。インフルエンザのワクチンはあっても放射性物質ワクチンなんてない。

どうやって予防するか?してあげるのは大人だ。

福島では既に甲状腺の異常が3割程の確率で子供達に出ている。しかしこれは結果が早過ぎる。
なぜならチェルノブイリでは3~5年後に顕著な健康被害が確認されている。
しかしどうだろう。3年後にもしも自分の子供に何かしらの健康被害が起きたとしたら。
親として一体誰を責めるのだろう?そして誰に謝るんだろう?
後悔しても健康、命は戻らない。そして時間も戻らない。
我々はどう進んで行くべきなのか、大人達はしっかり考えて行動していかなければならない。

そして福島には時間がない!
一刻も早く、福島の子供達を安全な場所に!


↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓



Twitterでつぶやいてます

@dub314

関連記事

【東京都放射線量測定結果①】葛飾区の保育園、公園から驚愕の数値~除染の効果は?2012/01/24データ

2012/01/24 晴れ@東京

※画像はクリックで拡大します

東京都文京区放射線量
御茶ノ水植え込み
ochanomizuuekomi

0.12μSv/h


東京都千代田区放射線量
経済産業省前空間
keisannshoumaekuukan

0.16μSv/h


東京都葛飾区放射線量
公園①植え込み
201201241800katusikakuhoikuenuekomi

0.41μSv/h


公園①滑り台下
kouensuberidaisita

0.44μSv/h


公園①砂場
kouensunaba

0.18μSv/h


民家植え込み
minkauekomi

0.23μSv/h


保育園植え込み
hoikuenuekomi

0.40μSv/h


測定機種: RADEX RD1503
測定方法: 地表5cm 空間1m アルミ遮蔽なし 160秒平均
測定者 : dub314
測定日 : 2012年1月24日



まとめ

公園、保育園の植え込みではガイガーカウンターの警報アラームが鳴り止むことは無かった。
そして滑り台下からは0.44μSv/hが平均で出たが、瞬間Max0.52μSv/hを計測。
福島第一原子力発電所事故による明らかな汚染実態が浮き彫りになった。
何故ならば、公園の砂場は既に除染済みと推測出来る値、周辺土壌よりも線量は低い。
滑り台の下は特に、放射性物質を含んだ堆積物が濃縮されて滲みこんでいるといった様子が確認出来た。
街の中でもまだらに汚染されているようで線量のバラつきもあるり、何処にマイクロホットスポットが潜んでいるのか?各自で調査をしなければ細かい実態は浮かんでこない。

私はこの日、公園で放射線量測定をしていると3~4人の小学生が遊びにやって来た。ワーワー騒いで元気に遊んでるなぁと感心していたら滑り台の下に積もった雪を土ごとすくってこねているではないか。

「ここは放射能がかなり多いから触ったら絶対にあかん!」

素直に聞いてくれたので事なきを得たが、葛飾位の汚染になってくるとこの現状は厳しいと感じた反面、福島が頭を過ぎる。


↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓


↓Twitterでつぶやいてます↓

@dub314

関連記事

【経済産業省前テント広場】東京滞在日記~画像多数up~2012/01/24空間放射線量データ添付

経済産業省前テント広場2012/01/24
※画像はクリックで拡大
 fujisan2012/01/24   ochanomizu2012/01/24   023 (3)

  ↑雪化粧をした朝の優雅な富士山↑    ↑お茶の水は意外と雪が積もってた↑   ↑なぜかスカイツリー↑



  463.jpg 465.jpg 464.jpg

  ↑携帯電話で撮影↑
  前日の雪が、歩道を所々氷床に…この日は取材カメラ4~5台来ていました。
  上の写真、テントに向かって右側に受付のような窓があります。
  挨拶、励ましの際は是非、中を覗き一声お掛け下さい。


keisanshoumae keisannshoumae2 keisanshoumae3

↑こちらの写真はデジカメで撮影の為、高画質でサイズもデカい↑


462.jpg

最後に快く撮影をさせて頂きました。
時間が限られ過ぎていて少ししかお話出来ませんでしたが、皆さん一人一人がとても魅力的で素敵です。
東京近郊の方は是非、足を運ぶことをお勧めします。その際はゴミ等を持ち帰ってくれると助かると思います。ゴミの収集は来てくれませんので…

短い滞在でしたが出逢いに感謝m(__)m


この時の経産省前空間放射線量


※画像クリックで拡大
keisanshoumaekuukansenryou
0.16μSv/hでした(やや高い)




マスクは心掛けましょう


↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓



↓Twitterでつぶやいてます↓

          @dub314


関連記事

【関西海底土壌汚染調査続報】2012/01/20

@JYCEagara日の本まもる氏、一時的にTwitter復活

お前はよほどのアホか?誰が逃げるか!今危険が有るからツイートを止めるのだ!測定は続ける!アホめ!@lemonade_lab 偽の放射線量測定結果(大阪で高線量:しかも測定できるはずもない核種)を公開した挙句...アカウント消して逃げやがりましたよ...というか逮捕されたのかな?
1/20 07:13

【怒り】退職したTVディレクター、偽教授が間違いだと主張するセシウム134/137比率は北海道がんセンター、ホールボディカウンター測定結果http://p.twipple.jp/zDHyrでもセシウム134と137比率の逆転が伝えられている。常識は今正しいと思われているだけなんだ!終の一言
1/20 07:31

再;お前はよほどのアホか?誰が逃げるか!今危険が有るからツイートを止めるのだ!測定は続ける!スカタン!@lemonade_lab 偽の放射線量測定結果(大阪で高線量:しかも測定できるはずもない核種)を公開した挙句...アカウント消して逃げやがりましたよ...というか逮捕された
1/20 12:16

【怒り】偽脱原発TVディレクター、偽教授が間違いだと主張するセシウム134/137比率は北海道がんセンター、ホールボディカウンター測定結果http://p.twipple.jp/zDHyrでもセシウム134と137比率の逆転が伝えられている。常識は今正しいと思われているだけなんだ!終の一言
1/20 12:18

@JYCEagara日の本まもるTwitterより引用
WBC結果
@kiyoman5
北海道がんセンターで、ホールボディカウンターを受けてきました。測定結果、内部被曝していました。 セシウム137が、868bq セシウム134が、6373bq ヨウ素は測定限界値(200bq)以下で、ND はい。セシ人でした…
2011年08月08日 19:47:02

@kiyoman5より引用



WBCでセシウム134、137の比率が違うのは何を意味するのか?
大阪湾における海底土壌、魚の測定結果と似た比率・・・
流通している食物はセシウム、ヨウ素だけの検査で良いのか疑問
何にせよ早急にベクレル表示の義務化、検査の厳格化を望みます。
そして、まもるさんのように一般の方の測定も重要ですが、しっかりと国が人道的にやってくれているならその必要はないのです。
ただ情報のみを受け取るのではなく、自分で調べない限り真実は掴めない・・・


↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓




↓Twitterでつぶやいてます↓
@dub314

関連記事

【拡がる汚染・被曝で肺がんの新事実】※「ポロニウム」セシウム以前の恐怖が明らかに~日本のタバコは核兵器!?~セシウムタバコは既に流通

肺がんの理由はニコチンだけではなかった?!

放射性物質ポロニウム

※放射性物質ポロニウムとは?
 ポロニウムはウランの100億倍の比放射能(単位質量当りの放射能の強さ (Bq/mol, Bq/g))を有し、ごく微量でも強い放射能を持つ。このため、昇華性のあるポロニウムは内部被曝の危険が大きいため、厳重な管理の下で取り扱われなければならない。(Wikipedia)

 キュリー夫人が発見し、祖国ポーランドの独立を祈って、Poloniumと名づけた。娘のイレーヌ・キュリーも科学研究者であったが、事故でポロニウムのガスを吸引したため急性白血病で死亡した。リトビネンコ暗殺に使用されたことでも記憶に新しい。(アレックス・ゴールドファーブとマリーナ・リトビネンコ:リトビネンコ暗殺、早川書房、東京、2007)

注:Poloniumはα線を放射するので、通常のガイガーカウンターでは計測できません。


米国EPA(環境保護庁)


「タバコの煙は放射能被曝のもとには見えないが、放射性物質が含まれており、喫煙によって肺に取り込まれる。放射性粒子は肺の組織に留まり、やがて膨大な放射線量になる。放射線は喫煙者が肺がんになる主な原因の可能性がある。…」
米国EPA(環境保護庁)
http://www.epa.gov/rpdweb00/sources/tobacco.html

タバコによる被曝


日本禁煙学会緊急声明


1. タバコにポロニウムが相当量(0.51~0.60pCi/本)含まれていることは事実である。
2. 燃焼すると、タバコ煙中の毛髪状粒子に吸着する。
3. タバコのフィルターは何の効果もなく、97%まで通す。
4. 吸引すると気管支分岐部がホットスポットとなり、毛髪状粒子が高濃度に吸着する。
5. ホットスポットのポロニウムが十分に肺がんを引き起こすことも証明されている。
タバコ産業の科学者による見積もりによれば25年間に喫煙者1000人のうち120~138人の超過死亡がおこると計算できる。
6. タバコを吸うとベンツピレンなどとの複合汚染となり、高率に肺がんを引き起こす。
7. タバコ産業は1980年にはすでに酸処理やレジンフィルター処理でポロニウムを99%除染する方法を知っていたが、何の対策も行わなかった。
8. 日本はタバコに世界で最も高濃度のポロニウムが含まれている国の一つである。
9. 副流煙にも主流煙の1~4倍のポロニウムが存在し、受動喫煙は危険である。
10. まだ喫煙を続けている方は、これらの事実から、直ちに喫煙を中止してほしい。
11. すべての喫煙所・喫煙室・喫煙コーナー・喫煙席をただちに閉鎖し、タバコ・吸い殻・タバコの灰・タバコの煙は放射性物質と認識して取り扱い、これらがある場所に人は近づいてはならない。

2011年10月17日
日本禁煙学会 理事長
作田 学

日本禁煙学会より引用



セシウムたばこ-セシウム吸いますか、それともやめますか



 本日の外来中、ヘビースモーカーの夫を持つ患者さんとお話ししていて、ふと・・・

あれっ、たばこは大丈夫かな?なにも報道されていないが・・福島は主産地の一つではなかったっけ・・

ちょっとtwitterでつぶやいてみますと、先週すでにJTに確認された方がおられて、情報を入手できました。さらにいくつかの情報がありましたので、まとめてご報告します。

福島の葉タバコ農家 東電に31億円の賠償請求
 全国たばこ耕作組合中央会と福島県たばこ耕作組合は24日、東京電力の福島第1原発事故により、福島県全域で今年の葉タバコの作付けを断念させられたとして、1年間の損害額に当たる約31億1700万円の賠償を東電に請求した。

 対象は福島県内のタバコ農家1167世帯で、賠償金の仮払いを求めた。東電本店を訪れた同中央会の寺井正邇会長は「今年はタバコが作れない。原発が収束せず、安心して生活できない」と説明。対応した東電の広瀬直己常務は記者団に「お支払いできるよう作業を急ぎたい」と述べた。
.[ 2011年6月24日 16:45 ]

 福島は栽培中止のようです。たばこは、お茶と同じで、水洗いせずに乾燥させます。単位重量あたりの放射能量は、かなり増加します。たばこは六月頃に植えて、しかも1年草ですから、お茶ほどは汚染されていない可能性があります。たばこのセシウム量については、すでにJTから発表されています。
タバコ中の放射性セシウム
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011091202.jpg

注意書きを読みますと、500Bq/kgまでは買い入れてたばこ原料として使用するようです。
茨城では217Bq/kgという比較的高濃度のセシウム汚染が報告されていますが、これはそのまま使われるでしょう。

 食品は口から入って、おしりから出ていくのに対して、たばこは、肺の中に直接入ります。あの有名な 「プルトニウム」を飲んでも大丈夫と豪語した大橋弘忠教授でさえ、肺の奥底にプルトニウムが入れば、肺がんになると認めています。これは、肺には排出能力がほとんどできないからです。

2011年09月12日
院長の独り言より一部転載


結論・タバコは核兵器

これまでのタバコにも含まれて、これからのタバコには尚、添加される放射性物質
特に原発由来の物はプルトニウムの危険性も十分にある
しかし、吸引した放射性物質は肺だけで留まるのだろうか?
肺から血管中の血液へ移動し、体中を巡り、セシウムは筋肉へと蓄積するのではないのか?
そのセシウムが心臓で起爆した場合、心筋梗塞になるのではないのか?
また、密室で喫煙した場合における二次、三次の被爆も懸念される
特に日本のタバコは脅威を増していっているようだ・・・


↓ポチッとご協力お願いします。ブログランキング↓





→Twitter( @dub314 )でつぶやいてます←
https://twitter.com/#!/dub314


関連記事

※成功例と対策がここにあります【震災瓦礫受け入れについての陳情書案・大阪①】

愛知県あま市で汚染廃棄物の広域処理に関する請願可決例
2011/12/21


◆【愛知県あま市】で汚染廃棄物の広域処理に関する請願可決

12月21日、あま市議会で汚染廃棄物の広域処理に関する請願が採択された。
愛知県内では初めての可決になる。

あま市では、被災地支援のチャリティーバザーを公民館で行い、集まった募金を全て『あしなが震災孤児募金(心のケア・特別一時金支給の為の)』に寄付するなど、被災地支援にも力を入れている。

汚染廃棄物(+放射性物質+補助金)を受け入れるのではなく、避難する方を受け入れる、または被災地に「ひと」「もの」「かね」を届けることが、本当の意味での支援ではないだろうか。

放射能汚染の拡散防止に向けて、あま市の決断が他自治体の参考になればと思う。


【請願趣旨】
東日本大震災により発生した災害廃棄物について、国は全国の自治体で処理を分担する広域処理を進めようとしていますが、(※1)福島第一原発事故によって東北・関東地方の広い範囲が深刻な放射能汚染に見舞われ、(※2)これらの地域では様々な物の放射能汚染が問題になっており、災害廃棄物も例外ではありません。

今回の災害廃棄物の広域処理にあたって環境省は、「バグフィルターか排ガス吸着能力があればどこの焼却炉でもそのまま燃やしてもよい」「バグフィルターで放射性セシウムが99.9%以上除去できる」としています。しかし、バグフィルター付きの焼却施設を持つ東京都・東部スラッジプラントでは、処理過程で大気に放射性物質が放出され二次汚染を引き起こしている可能性があると、放射線計測の専門である神戸大山内知也教授の調査で指摘されており、水際で食い止めることが困難であることはすでに実証されています。 

そして、焼却後の放射性物質が濃縮された飛灰ですが、細かい粒子のため飛散しやすく、施設外に漏れ出てしまう可能性があります。それを周辺住民が吸い込こめば、長期間にわたって繰り返し遺伝子を傷つける内部被曝をする心配があります。瓦礫の輸送中にも放射性の粉塵が舞う恐れがあり、運ばれる作業員は最も危険に晒されることになります。その量を考慮すると影響を無視できるものではありません。放射性物質の拡散は非常に無責任であり、恐ろしいことです。

放射性物質は焼却しても埋め立てても消滅することはなく、一度汚染されると回収や除染が大変困難です。汚染された災害廃棄物の処理を行うと、大気・土壌汚染に加え、雨で流れたり地下に浸透したりして連鎖的な水源汚染につながるおそれがあり、将来に渡り継続する健康被害、生産業や製造業への被害、土地の資産価値低下も避けられません。また、処理自治体はもちろんのこと周辺自治体への影響も考慮せねばなりません。

さらに、これらの問題は現在の住民のみならず将来の住民や日本全体に関わるものでもあることを考えなくてはなりません。海外からの日本の信頼は今、非汚染地域で保たれています。非汚染地域までもが汚染されてしまえば日本全体のマイナスになりかねないのです。安全と支援を同じ土俵で考えるべきではありません。私たちは被災された方々を支援するべきです。同時によりよい環境で子供を育て、より良い環境を子ども達に残していく必要があります。わが子を被曝するかもしれない環境にしてしまうのは支援ではありません。安全性が確保されてこそ、支援できるのだと思います。

私たちは災害廃棄物の全てを受けいれ拒否しようとしているわけではありません。むしろ未来に渡っての安全、子どもたちに間違いのない環境が確保されるのであれば、地域に見合った受け入れは必要だと思います。しかし、災害廃棄物の受け入れ処理で生ずる様々の問題を考えると、きちんとした安全が確保できない現在のところ、受け入れは安易に同意できるものではありません。私たち市民が同意できる安全確保への基準ができ、安心して災害瓦礫を受け入れられる態勢ができる事を国県に要請し、それまでは拙速な汚染瓦礫の引き受けを行わないよう願い、下記の事項を請願いたします。

※ 1別途添付資料「放射性汚染された災害廃棄物の問題点について」参照

http://moourl.com/x8g7n
http://moourl.com/9xcs2
http://moourl.com/gt6tk

※ 2(独)日本原子力研究開発機構資料 図1参照

http://moourl.com/d9ooq

※ 汚染事故事例資料

http://d.hatena.ne.jp/gomi311/files/jirei2.pdf?d=y

※ チェルノブイリ支援・中部理事 河田昌東氏の賛同メール

【請願事項】
1.子どもたち市民が安全安心に暮らせる未来を守るため、私たち市民が同意できる災害瓦礫処理の安全確保の基準を、国県に対して作るよう要請してください
2.平成23年10月13日に愛知県が各市町村長および事務組合管理者に送付した「東日本大震災により生じた災害廃棄物の受け入れ検討状況調査について(照会)」に対する回答をはじめ、東日本大震災の災害廃棄物広域処理に関する情報をホームページで公開するよう県に対して要請してください。
3.処理場及び埋立地の周辺地域だけでなく、広くあま市民の合意のないまま、汚染災害廃棄物の受け入れに関する作業を進めないよう市に対して要請してください。
4.放射能汚染された災害廃棄物は現地での処理を原則とし、安全に管理・処分できる体制が確立されるまで、放射性物質に汚染された災害廃棄物を受け入れないことを市に対して要請してください。

***********************************

http://azarashi.exblog.jp/14220109/あざらしサラダさんBlogより転載


--------------------------------------------------------------------------------

大阪ではどう取り組むべきか?

各市で請願、もしくは陳情を提出すれば、あま市のように成功するかもしれない。
どうやるか。
まずはお手本通りに行うのが懸命ではないかと思うのです。
大阪府下の各市、そして関西、いや、全国で言えることだと思います。

ここで請願、陳情のヒント

議員は票で動きます。だから多数派にならなくてはいけません。
また過激な多数派は逆効果になり兼ねない。
出来ればイメージの良さそうなネーミングで『○○の会』とするのが良いでしょう。
そして、議員面談の申し込みは不可欠。有権者を1人でもいいので連れて行く事です。
出来れば大きな会派の上の人に相談して下さい。そうすれば多数決なのでそれだけで可決です
内容が同じでも力になってくれる議員が違うと可決できません。
陳情でも今はわざと議会へ上げて採決を取って不採択にしようとする可能性も考えておくべきです。
そうなれば横並び好きな自治体はどこも不採択へ傾く恐れがある。
賢く、リスクが少なく効果的な方法がありますから、目的達成の為に頑張っていきましょう!
多くの方の良きパワーを使って是非瓦礫を受けいれないようにして頂きたいと思います。


『特に大阪は慎重に、確実にいかなければなりません』


成功したご本人@orangema_maさんのBlog
http://blog.goo.ne.jp/orangema_ma

そしてTwitterはこちら
https://twitter.com/#!/orangema_ma





オマケ

請願(陳情)書の書き方例 大阪市会事務局 政策調査担当
http://www.city.osaka.lg.jp/shikai/page/0000002285.html




↓Twitterでつぶやいてます↓
https://twitter.com/#!/dub314
アカウント @dub314


↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓



関連記事

【関西海底土壌汚染調査続報~Twitter5年間活動休止のお知らせ】2012/01/16

海底土壌汚染調査・日の本まもる氏、Twitter5年間活動休止の発表
2012/01/16 16:00速報

【日の本まもるは5年後に復活します/その1】この週末に発表しました、大阪湾海底土壌汚染に関し、多数の皆さんの関心を頂きました。中でもストロンチウム90の検出、セシウム134と137の常識に反する比率検出につき、お返事をする余裕なく様々な御意見が寄せられました。それと同時に→続
1/16 14:37

【日の本まもるは5年後に復活します/その2】偽学者、メディア、利害関係者、監督官庁等から、私個人を特定し、検査機関を特定し、私の会社をも特定して完全な排除行為に及んでこられ、私の息子が社長を務める会社の実務にも影響が出てまいりました。また、建設中の放射能検体の資料館に投石等→続
1/16 14:46

【日の本まもるは5年後に復活します/その3】妨害工作、実力行使等が極端に増えました。つきましては大変恐縮ではございますが私のツイートは本日をもって止めます。なにが正しかったか、何れ年月の経過で明らかになると思いますが、どうか皆様に健康被害が出ない事を祈ります。→続
1/16 14:55

【日の本まもるは5年後に復活します/その4】放射能汚染が社会に定着し、毎日の課題がその対策に追われだす約5年後に私はツイッター上に復活します!今まで私をご指示いただいた皆様には勝手を申し上げますがご容赦賜わりたくお願い致します。有難うございました。・・・・おしまいm(_ _)m
1/16 15:02


@JYCEagara 日の本まもる
https://twitter.com/#!/JYCEagaraより抜粋





当ブログでは、昨年末からの「日の本まもる」氏の海底土壌調査を追って記事をUPしてきたのでありますが
今後5年間のTwitter休止、これからどのような解明がなされていくか注目していた矢先、突然の発表
まだ真相は解明されていないが、0Bq/kg も存在しない訳で・・・
既に高知ではカツオ、九州では養殖魚からも放射性物質が検出されている現状
日々進行する海洋汚染にどう危機感を持って行動していくのか?
日本人にとって海洋汚染との長い戦いは、始まったばかりなのである。

2012/01/16 16:00 @dub314


↓Twitterでつぶやいてます↓
https://twitter.com/#!/dub314

>>続きを読む

関連記事

【大阪府震災瓦礫まとめ】2012/01/16

大阪府震災瓦礫について我々の出来る行動

大阪府が東北の放射線汚染の恐れのある瓦礫を
受入れ前提で会議を進めています。
無作為に選んで測った瓦礫の他は、
どれだけ汚染されているかわかりません。
また焼却した後の灰は汚染濃度も高くなり、
その管理に無駄な費用と労力、被曝が伴います。
大阪、関西の子供たち、自然を守るため、
どうか、反対署名のご協力よろしくお願い致します。

http://love-peace.from.tv/garekihp/index.htmlより抜粋

↓署名用紙、瓦礫チラシの大量ダウンロード↓
http://love-peace.from.tv/garekihp/print.html




何故、瓦礫が危ないのか?




↓がれき受け入れについて医師の立場からの意見書PDFファイル↓
http://www.radiationdefense.jp/wp-content/uploads/2011/12/c1a973770ad3a28000054a899b4091a51.pdfによると


【その1】
はじめに
 今回の東北の震災における多数の犠牲者に追悼の意を込めるとともに、今なお被災地において
苦しむ多くの方々、避難を余儀なくされている方々の救済を切に願い、以下に述べる意見書を記
させていただきます。
 この意見書は医師として、人の命を救うことを第一に考えた結論であります。
A)がれき受け入れには反対です。

まとめ
 内部被曝を考えると、政府が問題なしと判断する汚染濃度であっても、総量では大阪府民全員あ
るいは関西圏全体に多大な健康被害を起こす汚染となる。がれきを広域に拡散することは国土を
放射能汚染させることとなり、福島県民、東日本の人たち、全国民に悪影響を与える行為である。
以下にその根拠を述べます。

1) 内部被曝の危険性について
(結論) 少なくとも食べ物が10Bq/kg 以下にすべく対策を講じるべきである。
内部被曝はセシウムだけでなくα 線、β 線核種の危険の方が大きい。
統計学的データを待つべきではない。

2)内部被曝の現状(Cs に関して)
(結論) 土壌汚染から東京もすでに危険域になっている。
それに比して、大阪の土壌の汚染は非常に低い。

3)二次被曝と内部被曝
(結論) がれきは、国の規制内の汚染濃度でも、莫大な汚染、二次被曝を招く。

4)内部被曝の治療法、対策について
(結論) 現在、医療機関において、低線量の内部被曝による障害の診断、有効な治療の
提供は不可能である。
 放射線防護においては、まずは極力吸入と経口摂取を防ぐことが大前提であり、汚染の
無い食品と国土の確保が必須である。
 環境の汚染が高い場合は、特に乳幼児や妊産婦の疎開も勧めるべきである。

5)その他の危険な核種の存在
(結論) セシウム以外の危険な核種もがれきを汚染している。プルトニウム、テルル1
29m、ストロンチウムはセシウムを凌ぐ危険性を持っている。がれき受入れ
はそれらの核種の拡散をも招く。

根拠の説明


1) 内部被曝の危険性について


(結論) 少なくとも食べ物が10Bq/kg 以下にすべく対策を講じるべきである。
内部被曝はセシウムだけでなくα 線、β 線核種の危険の方が大きい。
統計学的データを待つべきではない。

(理由)
 外部被曝と内部被曝の違いを是非とも理解してください。我々医師が最も恐れている
のは内部被曝です。そしてそれによって引き起こされるさまざまな疾患群です。白血病や
甲状腺癌、その他のガンにのみ注目していますが、非ガン性疾患も実に多くの方々を苦し
めます。
 自然被曝と比較される方もおられますが、自然被曝と今回の原発事故の被曝で決定的
に違うのはこの内部被曝です。自然被曝では放射性物質は体内に取り込まれません。原発
事故の被曝では、放射性物質は体内に取り込まれ、吸収され、内部から被曝を起こします。

 参考資料1・Y・バンダシェフスキー教授の発表をご一読ください。バンダシェフス
キー教授は豊富な実験データを提示し、「セシウム137 が人体に与える影響の特徴は、生
命維持に重要な臓器や臓器系統の細胞内の代謝プロセスの抑制だとみられる」とまとめて
います。さらには「セシウム137 により人間や動物の体内に引き起こされる病理的変異を
すべてまとめて“長寿命放射性物質包有症候群”(SLIR)と名付けることもできそうであ
る。」といい、その症候群は心臓血管系、神経系、内分泌系、免疫系、生殖系、消化器系、
尿排泄系、肝臓系における組織的・機能的変異によって規定される代謝障害という形で表
れると書かれています。SLIR を誘発する放射性セシウムの量は年齢、性別、その臓器の
機能的状態により異なることを明記したうえで、「子どもの臓器と臓器系統では、
50Bq/kg 以上の取りこみによって相当の病的変化が起きている。しかし、10Bq/kg 程度の
蓄積でも様々な身体系統、特に心筋における代謝異常が起きることが報告されている。」
という指摘を行っています。

 ここで注目すべきは10Bq/kg 程度の蓄積でも問題が起こるということです。内部被曝
を回避するためには、この値を越えない最大限の努力を払うべきであるとご認識ください。
予防の観点からは実際に影響が出る100分の1にすべきであり、この10Bq/kg も本来は
十分ではないと思われます。またより影響を受けやすい妊婦や小児には、それ以上の回避
が求められるものと思われます。
 内部被曝は食料、土壌の粉塵からの吸引等が挙げられますが、ただ内部被曝を考える
場合、セシウムだけで評価するのは極めて不十分であり、危険です。資料2として矢ヶ崎
克馬・琉球大名誉教授の内部被曝の考察を添付します。α線核種(プルトニウムがその代
表)を例に挙げますと、4.5cm程度と極めて短い距離しか飛程しませんが、極めて強
いエネルギーを集中的に放射し、臓器が受ける損傷はγ線の1億倍とも試算されています。

(図1-1~3)図に示すようにα線、β線による障害は極めて局所的な問題であり、γ線
と比べ1億倍の障害を与えることとなります。またα線、β線の放出の速度は遅いため、
緩徐に進行し、変異してしまった遺伝子は次世代、次次世代へと受け継がれる可能性も高
くなります。内部被曝においてはセシウムよりも遥かにα線、β線核種が危険なのですが、
ほとんど検査されていません。その検査をせずにがれき、土壌、食物を安全というのは極
めて重大な問題です。
 確かに被曝の人体への影響について統計学的データが不足しています。現在の日本の
状況も数十年後を待たねば統計学的に根拠が述べられないと思われます。しかし我々医師
がチェルノブイリ原発事故から得られる最大の教訓は、「統計学的データを待っていたら
何百万人という犠牲者を出してしまう」ことです。


2)内部被曝の現状(Cs に関して)


(結論) 土壌汚染から東京もすでに危険域になっている。

(理由)
 では現在のところ分かっている範囲での体内被曝の現状はどうでしょうか。なかなか
数値が公にされないため情報は限られてきますが(それこそが問題ですが)、東京で60
00Bq、南相馬市の酪農家で25万Bq という報告があります。単位が未表示ですが恐ら
く体全体と思われます。とすると東京の方で100Bq/kg 程度、南相馬の方で3500Bq/kg 程
度となります。Cs134 も入っていますので3年後には半分になりますが、このデータは8
月であり、Cs だけで他の核種が含まれておらず、実際の人体への蓄積はさらに増加が予
想されます。つまり、今から4ヶ月ほど前の時点でのCs だけでも、東京レベルで健康に
害を及ぼす数値に達しつつあるということになります。

 土壌汚染と内部被曝には相関があると考えることが妥当と思われます。データ数に制
限もあり不足しているため、この点は早急に検査を行い、情報を開示し早急に検討する必
要があります。
 土壌汚染と内部被曝には相関があると前提した上で、先日発表された文部科学省によ
るセシウム137のみの放射線降下マップを参考にしますと、東京の17000MBq/km2
は生活するには問題となる環境であるという結果に導かれます。


3) 二次被曝と内部被曝


(結論) がれきは、国の規制内の汚染濃度でも、莫大な汚染、二次被曝を招く。

(理由)
 焼却後の汚染濃度2000Bq/Kg を20万トン受入れると総量は1000GBq、8000Bq/Kg
で8000GBq。例えばその内の30%が何らかの形で環境内へ流出するとすれば300GB
q以上(前者の場合)が周囲住民の内部被曝につながる可能性があります。実に30億人
に影響を与えることができる量です。このように濃度にだけ目を向けるのではなく、総量
に目を向けて環境流出について考えねばなりません。
 可燃物を受入れ焼却した場合は焼却場のフィルター能力にも大きな問題があります。
バグフィルターはかなり取り扱いが難しく、トラブルが多いと言われています。新エネル
ギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が99 年度からはじめた「都市ごみ焼却施設に
おけるバグフィルターに関する調査」 をご参照ください。またそのフィルターの目の粗
さにも問題あります。通常の焼却炉温度は1800℃、フィルターの目は100nm(ナノメート
ル)です。そして代表的な放射性物質の原子直径と沸点は
セシウム:0.53nm・671℃
ストロンチウム:0.43nm・1382℃
ヨウ素0.28nm・184.3℃です。
 つまり1800℃の焼却炉においては、3 種類とも気化してしまいます。フィルターと原子直径を比べますと、熱膨
張を考慮しても、ザルのような状態です。、バグフィルターではガスは捕えられず、付近
へ二次被曝をもたらすことになります。
 不可燃物の場合は容積がかさみ、環境流出を防ぐ手立ては相当困難なものとなります。
毎日新聞での2011 年10 月16 日地方版における東京農工大の瀬戸名誉教授の報告では、
「ビニールシートで遮水した処理場は、これまで全国で例外なく破損、地下水を汚染して
います。」何十年とかかる不可燃物の厳密な管理は極めて困難であり、環境流出は防げま
せん。地下水への浸透、海への流出、生物濃縮による付近住民への影響は必至です。
 焼却後の汚染濃度2000Bq/Kg を20万トン受入れた場合は、人口886万人以上、面積
1896km2の大阪に推定1000GBq以上の放射性セシウムの負担、すなわち1人(成人男子、
体重65kgとして)あたり10万Bq/kg 前後となり、4500MBq/km2 以上の土壌汚
染の危険性があります。環境流出を0.01%にできたとしても住民への体内被曝
10Bq/kg を下回らせることは困難です。小児は成人よりも10倍以上と感受性が高く、影
響も30年40年以上と長期に及ぶと考えると、被害は甚大です。


4)内部被曝の治療法、対策について


(結論) 現在、医療機関において、低線量の内部被曝による障害の診断、有効な治療の
提供は不可能である。
 放射線防護においては、まずは極力吸入と経口摂取を防ぐことが大前提であり、
汚染の無い食品と国土の確保が必須である。
 環境の汚染が高い場合は、特に乳幼児や妊産婦の疎開も勧めるべきである。

(理由)
 急性被曝については、専門医療期間において治療が行われていますが、現在多くの国
民に起こりうる低線量の放射線被曝(外部、内部)については、被曝との因果関係を証明
する有効な診断法がなく、個々に発症した症状に対して経過観察や対症療法を行うしかな
いのが現状です。
 戦中戦後、チェルノブイリ原発事故、東西冷戦下の度重なる核実験を受け、世界では
様々な放射線防護剤の研究が行われていますが、現在日本の医療機関で広く一般に応用で
きる段階にはありません。
 そもそも、放射線防護においては、吸入と経口摂取を防ぐことが最善策であるのは疑
いの余地がありません。
 ベラルーシ共和国では一定期間の疎開を定期的に行っています。
汚染がない食料の提供、汚染のない(軽度)な国土の確保が、福島の方々を含め東日
本全体にとって、いえ日本全国民にとって極めて重要になってくることがご理解いただけ
ると思います。


5)その他の危険な核種の存在


(結論) セシウム以外の危険な核種もがれきを汚染している。特にプルトニウム、テル
ル129m、ストロンチウムはセシウムを凌ぐ危険性を持っている。がれき受
入れはそれらの核種の拡散をも招く。

(理由)
 争点がCs(セシウム)に集中していますが、その他の核種はどうでしょうか。今年
の6月6日に出された保安院による「東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故に係
る1号機、2号機及び3号機の炉心の状態に関する評価について」(図3)では、主に3
1種類の核種が放出していることを報告されております。以下に特に半減期の長いものを
列挙します。

プルトニウム238 が190 億ベクレル。半減期87年。
プルトニウム240 が32 億ベクレル。半減期6537年。
プルトニウム239 が32 億ベクレル。半減期2万4000年。
プルトニウム241 が1.2 兆ベクレル。半減期14.4年。
テルル129m が3300 兆ベクレル。半減期は約1ヶ月だが崩壊した後に放射性ヨウ
素129 になる。この半減期は1600万年。
ストロンチウム89 が2000 兆ベクレル。半減期50日。
ストロンチウム90 が140 兆ベクレル。半減期29年。
(参考までにセシウム137 は1.5 京ベクレル。)

 特にプルトニウムはアルファ線を出し、ウランと比較しても放射性毒性は数万倍と極めて高い
と言われています。政府による計測情報の公表はどういうわけかされていませんが、米国エネル
ギー省(DOE)と国家核安全保障局(NNSA)では事故当初のモニタリングデータが公開されて
います。http://energy.gov/situation-japan-updated-102111 具体的な数値の信憑性については真
偽すべきとは思いますが、この発表では東京首都圏でも相当量のプルトニウム、ストロンチ
ウムが確認できたと報告しています。当然ですが、がれきにも汚染は及んでいると考えな
ければなりません。文部科学省、テルル129mの土壌マップでは福島県を含め宮城県に
及んでテルルの汚染は広がっています。先に述べたセシウムの管理よりもはるかに厳格に
管理すべきものです。上述の核種は関西圏には及んでいません。

 プルトニウムは経口摂取の場合、不溶解性のため消化管からの吸収は非常に少なく、
ほとんどが排泄されます。しかし、吸入摂取された場合には、長時間肺にとどまり、その
微粒子がリンパ節や血管に移行し、最終的には骨や肝臓などに数十年間沈着するため、肺
がんや骨がん、肝臓がん、白血病などの要因となります。また分子量はタバコの煙よりも
軽く、粉塵として容易に吸入されると考えねばなりません。
 ストロンチウムはβ 線を放出し、カルシウムと極めて類似するために、骨代謝によ
って骨に沈着して何十年と長期に渡って内部被曝を引き起こすと言われています。いった
ん骨に沈着したストロンチウムはなかなか排泄されず、除去することは非常に難しいとさ
れています。(放射線医学総合研究所・人体内放射能の除去技術より)
 テルル129mはかなり問題があります。テルル129mはβ 崩壊後に放射性ヨウ
素129に変わります。この半減期は驚くべきことに1600万年です。放射性ヨウ素の
一番の問題は小児を中心とした甲状腺癌の発生です。そのテルルが放出された量は330
0兆ベクレルでセシウム137の5分の1に達する莫大な量です。


【その2】


B ) 復興のためにできることを考えます。

まとめ

復興のためにはまず住民の健康維持・改善が何よりも優先される。
増えつつある内部被爆者への対応は急務である。
その対応にこそ、各都道府県・自治体の援助が必要といえる。
汚染の軽度な西日本の持つ役割は極めて大きく、大阪はその中心的存在である。これからの大
阪の方針は今後の日本の未来を担うといっても過言ではない。

1) 放射線を正しく恐れる。
2) 被曝に関する情報を収集する。
3) 内部被爆の対策(食料、水、牛乳に関して)を行う。
4) 内部被爆の対策(避難に関して)を行う。
5) 除染作業による内部被爆者の増大を防ぐべきである。
6) 追記

詳細に述べます。

1) 放射線を正しく恐れる。
(結論) 内部被爆10Bq/kg 以下を目指すという共通意識が必要である。
チェルノブイリ原発事故で指摘されている症状を知っておく。

(理由)
 内部被曝の影響は個人差が大きいと思われます。心筋梗塞やくも膜下出血のように突
然に発症するものもあれば、5年後に白血病になる場合もあり、アレルギーのような皮膚
炎を慢性化させたり、免疫力の低下で感染症に罹患したり、持病の再燃や悪化として現れ
たり、30年経っても何も自覚症状がなかったりと、重症、軽症、無症状が混在します。
自分の身の回りに発症者が出ても自分が出るとは限りません。自分が大丈夫だからといっ
て他人も大丈夫というわけでもありません。
 表1にチェルノブイリ原発事故で指摘されているさまざまな症状を挙げます。どこま
で関連性があるのか、どのタイミングで起こるのか、情報を収集し検討すべきです。情報
がなければ肯定もできなければ否定もできません。
 今、問題が大きいと思われるのは内部被曝です。しかし、吸入や経口からの取り込み
に注意することで回避しうる問題です。国民全体が内部被爆10Bq/kg 以下を目指すという
共通意識が持てれば、解決できる問題だと思われます。問題を知り、正しく回避し恐れる
ことが重要です。

2)被曝に関する情報を収集する
(結論)
1. 被曝をコントロールするために必要な情報が絶対的に不足している。
2. α 線、β 線核種を検査、公表すべきである。
3. 被爆者のWhole-Body-Counter を中心とした徹底した検査と情報公開すべきである。
4. 全ての食物のベクレル表示すべきである
5. 情報不足は不安を生む。

(理由)
 内部被爆10Bq/kg 以下を目指すためには、土壌からの吸引による被曝、食物、牛乳、
水からの経口による被曝量を計算する必要があります。土壌汚染が高いところは吸引と経
口の両方を注意すべきであり、大阪などの遠隔地は経口の問題を重視すればよいというこ
とになります。ですので、土壌の汚染状況を細かいマップとして知るべきであり、セシウ
ムだけでなく、α 線、β 線などの危険な核種についての情報も必要不可欠です。また、食
物や牛乳、水の被曝量をすべてベクレル表示することも内部被爆を算出するために必須で
す。
 各都道府県・自治体は率先して検査し、情報を開示すべきです。

3)内部被爆の対策(食料、水、牛乳に関して)を行う
(結論) 内部被爆10Bq/kg 以下を目指すには全食材のベクレル表示にしなければならな
い。妊婦、小児には優先して対策を行うべきである。
(理由)
 食料、水、牛乳をどの程度摂取すると内部被爆10Bq/kg を越えてしまうのか検討して
みます。(図5)はICRP による放射性セシウムの一回摂取と長期摂取による体内残存量
の経時推移 (ICRP PUBLICATION 111. Application of the Commission’s Recommendations to
the Protection of People Living in Long-term Contaminated Areas after a Nuclear Accident or a Radiation Emergency) の表です。縦軸は全身のベクレルです。成人70kg体重と仮定し
た場合、700ベクレル÷70kgで10Bq/kg となります。ご覧のように10Bq/日であっ
ても毎日摂取すると半年ほどで10Bq/kg を超えてしまうことになります。体重30kg
の小児であれば2ヶ月前後です。

さらに、より影響を被曝の影響を受け易い妊婦や小児には、汚染のない食料、牛乳、
水を優先して送るべきです。乳児は牛乳、粉ミルク等の乳製品しか摂取しないため、乳製
品の基準は厳格な規制をしなければなりません。
以上のような計算を行うには、摂取する食材のすべてのベクレル表示が必要となって
きます。被害のない都道府県が検査の請負や機器購入の援助を行えば直ちに解決できる問
題ではないでしょうか。

4)内部・外部被爆の対策(避難に関して)を行う

(結論) 妊婦、子供に対する被曝回避は重要課題であり、長期間回避する必要がある。
移転という選択肢も考慮すべきである。また被曝が増している人たちにはサナ
トリウムへの疎開も必要となる。各都道府県・自治体は移転地、疎開地として
の土地の提供と、被曝者、避難者への補助、被曝者、避難者のコミュニティー
の構築に援助するべき。
(理由)
内部被爆10Bq/kg 以下は一般成人を例にとっています。妊婦、子供は感受性が10倍
以上高いことが予想されるため、被曝回避は我々国民にとっての重要課題です。若い女性、
子供は長期間に渡って回避せねばならず、避難というよりは移転の方が精神的ストレスが
軽減できる可能性があります。
土壌汚染が高いところで内部被曝が増している人たちは、食事のコントロールだけで
は被曝量を減らすことができません。一時的な疎開、避難が必要です。定期的に数ヶ月疎
開することになりますので、サナトリウムを遠隔地の各都道府県・自治体で整備する必要
があります。

避難された人たちはばらばらとなっており、震災前のコミュニティーが維持しにくい
状況になっています。生活での不安、ストレスも大きいものとなっています。県という形、
市という形、村、町という形をどう保っていくのか、変えていくのか、各都道府県・自治
体が一体となって検討すべきではないでしょうか。
疎開を繰り返すと生活資金も問題となります。第1次産業に従事する方たちへの影響
も甚大です。政府・東電が補償するものは十分なのでしょうか。内部被爆10Bq/kg 以下を
目指せば、さらに経済的な圧迫をかけることになります。政府だけでなく、経済的な支援
も各都道府県・自治体が援助できる復興の一歩だと思います。

5)除染作業による内部被爆者の増大を防ぐべきである。

(結論) 除染作業は内部被曝を起こす危険な作業である認識の上で、十分な健康管理と防護
のもと行うべきである。
(理由)
除染作業は吸入による内部被曝を起こす危険性が高い作業です。万全を期した放射線防護
で臨むべきです。これには東京電力株式会社のマニュアル(図6)が参考になります。C 区域では
汚染が強いため、服はそのエリア内だけで使用することとし(そこから外に放射性物質が
出て行くことを防ぐ)、マスクなどは必要ない、とされています。D 区域では全面マスク
が必要となり、場合によっては(ぬれる場所では)アノラックを装着することを義務つけ
ています。住民、自衛隊、作業員、警察官、消防隊を含め、あらゆる職種の方でも遵守す
べき規定と思います。

C 区域 ・・ 4Bq/cm2~40Bq/cm2x100x100= 4 万~40 万Bq/m2 以下
D 区域 ・・ 40 万Bq/m2 以上 と換算できます。

図7に文部科学省による9月の時点での土壌汚染マップを添付します。
薄い水色の300k-600kBq/m2 のエリアがD 区域に相当します。ご覧のように飯舘村、
伊達市、福島市、二本松市の一部が該当します。C 区域は青色のエリアと薄茶色のエリア
が該当しますので、福島県のほぼ全域(南会津などをのぞく)と栃木県、那須塩原、日光、
そして、群馬県の約半分が入ります。よってD 区域での除染作業は厳重な装備のもとで行
うべきということになります。
しかし、装備をして除染作業に臨んでも、サクリファイス - 犠牲者ー事故処理作業
者(リクビダートル)の知られざる現実、http://video.google.com/videoplay?docid=-
6601369124230620869#の報告にもあるように覚悟が必要な危険な作業であることの認識は
必要です。また健康管理や補償などのバックアップも重要になってきます。

(表1)http://www.kakehashi.or.jp/?p=4475 チェルノブイリの架け橋より引用

1)頭:頭痛、めまい、ぼうっとする、考えがまとまらない、ハイになる、うつになる、
計算ができなくなる、多動様、二世においては少し知性に異常がでる、ノイローゼ、
てんかん

2)粘膜:目、鼻、口、喉、声帯、性器関連の炎症が繰り返される。
目は子供にも白内障がのちのち増える、声帯が痛んで声がでなくなる。くりかえし
および多発する口内炎。鼻:線量の高い低いにかかわらず、子供大人にかかわらず
出る鼻血、あるいは異常な色の鼻水。歯茎からの出血。虫歯の悪化。

3)肺:咳、色のついたタンが止まらない。カラ咳。風邪と違う。あるいは繰り返す風邪。
風邪が治らず気管支炎、肺炎と繰り返して入退院するようになる。喘息になる。
子供は特に肺炎にかかりやすくなる。

4)胃腸:下痢あるいは軟便が長期にわたり続く。胃の上部がしまった感じで食べ物が
入って行かない、食欲が無い、吐き気、嘔吐、揚げ物がむかつく、量が食べられなく
なる。胃がいたくなる。

5)疲労感:突然襲ってくる、身体がだるいことが続く、眠くて仕方がない、立ってられ
ない、子供の場合はゴロゴロしている。今まで感じたことのないだるさ。
→原爆ぶらぶら病にとてもよく似ている

6)脱毛:徐々に抜ける場合もある

7)腎臓:夜中に腰の上あたり、腎臓のあたりが激痛が走るようになる。押すと少し楽に
なるが、ときどき起こる。腎臓炎、膀胱炎など。おねしょ。

8)耳:中耳炎を繰り返すようになる

9)皮膚:アレルギー症状の悪化、手の皮が向ける、傷が治りにくい、ヘルペス。
皮膚が弱くなる。

10)心臓:大人も子供も心臓が痛くなる、病院に行って心電図をとってもらうが異常が
でない。夜中に踏まれたように胸が痛くなる。血圧異常が大人にも子供にも起こる。
息が切れるようになる。パタンと倒れる。老若にかかわらず突然死。

11)関節痛、あるいは骨の痛み、骨の異常

12)生理不順、出血異常。女性器に関するトラブル。乳がんなどの増加

13)甲状腺の異常、腫れ

14)リンパ節の腫れ、特に首や脇の下

15)その他:発熱など、神経反応の異常、ホルモンの異常、内分びつの異常、

16)出産の異常、分娩の異常、出生率と死亡率の逆転(汚染地域)


© 放射能防御プロジェクト Radiation Defense Project
http://www.radiationdefense.jp/wp-content/uploads/2011/12/c1a973770ad3a28000054a899b4091a51.pdfより引用

表等も併せてダウンロードして下さい。

尚、この意見書は年末に提出されました。






大阪は何が出来るのか?
瓦礫を受け入れるのが本当の復興支援なのか?
次回は行政側の見解をまとめます。


↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓



↓Twitterでつぶやいてます↓
アカウント @dub314 https://twitter.com/#!/dub314


関連記事

【※1/14緊急速報※大阪湾海底土壌からセシウム9,686Bq/kg、ストロンチウム90も検出!】

【核種分析結果】MAXで9,686Bq/kg検出!

12月29日グラブ採泥器/大阪湾/その1
関西空港周辺海底土壌


セシウム134 7,271Bq/Kg
セシウム137 705Bq/Kg
ストロンチウム90 28Bq/Kg

12月29日グラブ採泥器/大阪湾/その2
浜寺、大和川河口近傍海底土壌


セシウム134 8,924Bq/Kg
セシウム137 762Bq/Kg
ストロンチウム90 31Bq/Kg


12月29日グラブ採泥器/大阪湾/その3
安治川河口付近海底土壌


セシウム134 3,527Bq/Kg
セシウム137 269Bq/Kg
ストロンチウム90 ND(検出せず)


淡路島/津名
セシウム134 2,590Bq/Kg
セシウム137 172Bq/Kg


12月29日石ガレイ/大阪湾/その4

セシウム134 783Bq/kg
セシウム137 39Bq/Kg
ストロンチウム90 ND

なんとカレイ822Bq/kgオーダー!


セシウム134が高濃度に存在していることから最近の原発由来(福島)と見られる。
ストロンチウム90が検出されていることは、使用済み核燃料の存在を意味します。
やはり原発由来のセシウムが検出されました。汚染は大阪湾の流れが悪い所に生じています。
食することによる内部被曝にご注意下さい。


1月2日グラブ採泥器/淡路島以西(香川県沖まで)/その1
鳴門海峡周辺海底土壌


セシウム134 86Bq/Kg
セシウム137 12Bq/Kg
ストロンチウム90 ND


1月2日グラブ採泥器/淡路島以西(香川県沖まで)/その2
坂出沖海底土壌


セシウム134 ND
セシウム137 14Bq/Kg
ストロンチウム90 ND


採取した底物ガシラの汚染は有りませんでした。


1月2日グラブ採泥器/淡路島以西(香川県沖まで)/その3
小豆島沖海底土壌

セシウム134 10Bq/Kg以下
のごく僅かな検出を見ましたが、略、汚染は無いと見て良いのではないかと・・・


1月6日グラブ採泥器/淡路島周辺/その1
淡路岩屋・明石付近


セシウム134 376Bq/Kg
セシウム137 53Bq/Kg
ストロンチウム90 ND

1月6日グラブ採泥器/淡路島周辺/その3
須磨海釣り公園5Km 沖海底土壌


セシウム134 826Bq/Kg
セシウム137 102Bq/Kg
ストロンチウム90 ND

1月6日グラブ採泥器/淡路島周辺/その4
淡路島郡家沖海底土壌


セシウム134 1,052Bq/Kg
セシウム137 217Bq/Kg
ストロンチウム90 ND


1月6日グラブ採泥器/淡路島周辺/その5
姫路港周辺海底土壌


セシウム134 269Bq/Kg
セシウム137 38Bq/Kg
ストロンチウム90 ND


尚、淡路島周辺の底物ガッチョは汚染が見られません、今のところ淡路周辺の魚は安全かと思われます。

【ご注目】今日朝早く、先日来の調査結果について、核種分析結果がでましたので、データのまま報告をしております。極めて大きな反響を戴いており、お問い合わせのツイートも沢山戴いております。念の為申し上げますが、関空より北東域→堺方面の汚染は深刻ですが、その他は過剰な心配は不要ですので!



@JYCEagara http://twitter.com/JYCEagaraさん、情報ありがとうございます。



私見ですが、海洋汚染汚染シュミレーションよりも事態は深刻化していると捉えて良いでしょう。
ストロンチウム90まで検出ですから想像力を働かせて行動していきましょう。
そして、周りの大切な人に出来るだけ伝えて下さい。
それが何よりの自衛手段だから・・・


↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓



↓Twitterでつぶやいてます↓
アカウント @dub314 http://twitter.com/dub314


関連記事

【日本初快挙!原発大阪市民投票】「みんなで決めよう『原発』国民投票」大阪市民投票・法廷署名数達成!原発の是非を大阪市民が問うことに・・・2012/1/11

祝!法定署名数突破で快挙
勝利の歓喜

2012年1月10日、午前0時を以って1ヶ月に及ぶ署名活動が終了

法定必要署名数  42673筆
受任者総数      4267人
署名総数       52190筆

1/10 23:59現在





追記:2012/1/11最更新[22:41発表]事務局速報

署名総数       55001筆



1/10(火)朝日新聞朝刊TOP
朝日新聞朝刊2012.1.10



マスコミ報道

 東京と大阪で原発稼働の是非を問う住民投票実施を求め署名活動している市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」の今井一事務局長は9日、大阪市で記者会見し、同市で住民投票条例制定のための直接請求に必要な約4万2670人分の署名数を超えたと発表した。

 9日現在で5万人に到達し、最終的には約5万3500人となる見通し。このうち2割が無効とされても、必要な署名数を超える見込みという。16日に大阪市選挙管理委員会に署名簿を提出する予定だ。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012010901001638.html東京新聞より引用



新聞各紙朝刊PDF

毎日新聞http://kokumintohyo.com/osaka/wp-content/uploads/2012/01/20120110mainichi.pdf

朝日新聞http://kokumintohyo.com/osaka/wp-content/uploads/2012/01/20120110asahi.pdf

産経新聞http://kokumintohyo.com/osaka/wp-content/uploads/2012/01/20120110sankei.pdf

大阪日日新聞http://kokumintohyo.com/osaka/wp-content/uploads/2012/01/20120110osakanichinichi.pdf

PDF資料は大阪市民投票HPhttp://kokumintohyo.com/osaka/より




さぁ次は本番の市民投票ですね

議会での審議は春先との事

橋下市政がどう受け止めるか、これからが注目

この場を借りて、署名してくれた皆さん、活動関係者、報道各位、誠にありがとうございましたm(__)m


↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓


↓Twitterでつぶやいてます↓
アカウント @dub314
http://twitter.com/dub314

関連記事

【大阪市・放射線量測定結果】2012.1.10

空間放射線量測定結果
2012年1月10日火曜日 晴れ 微風

大阪市生野区鶴橋
1回目0.16μSv/h
2回目0.18μSv/h
3回目0.15μSv/h
160秒平均 RADEX1503 地上1m 14:00

大阪市生野区桃谷
1回目0.17μSv/h
2回目0.15μSv/h
3回目0.14μSv/h
160秒平均 RADEX1503 地上1m 15:00

大阪市生野区新深江
1回目0.14μSv/h
2回目0.13μSv/h
3回目0.12μSv/h
160秒平均 RADEX1503 地上1m 16:00

今日の大阪市内放射線量測定、MAX0.22μSv/hでした。だいたい0.12~0.16で落ち着く感じでした。
公園滑り台下でも変わりません。
尚、側溝では0.20μSv/h前後、何箇所かで検出しましたが、完全な汚染特定にまでは至らないと思います。引き続き自宅周辺の空間線量を調査します。

↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓


関連記事

【福島第一原発4号機燃料プールに水がない】

緊急入電

2012年1月8日、「作業に関係している方から連絡があった」・・・私が電話で聞いた情報を紹介します

1月1日M7.0地震の影響で水漏れしている

燃料プールには水が無い状態で非常に危険

実際に水が無い事を確認出来ているとの事でした

噂は飛び交っていますが、4号機の空焚き騒動はかなり真実味を帯びています

近い筋からの情報なので知ったからには伝えます

どう判断するかは個々に任せます

最低限、マスクは必要です


マスコミの報道はどうか?

 一月一~七日の一週間、福島第一原発では、一日午後に4号機の使用済み核燃料プールに隣接したタンクの水位が急に下がった。直前に東北や関東で震度4を記録した地震の影響とみられる。


 タンクの水は蒸発で減るが、この時は通常時の約五倍のペースで低下。当初、東京電力は水漏れを疑った。その後の調査で、水漏れはなく、地震の影響により、プールからタンクに流れ込む水が一時的に止まっていただけの可能性が高いと分かった。


 一方、高濃度汚染水を処理した水が流れるホースに雑草のチガヤが刺さり、小さな穴から水漏れを起こす現象に現場は悩まされてきた。東電が集計したところ、昨年七月以降、二十二件もあった。


 原子炉への循環式注水は長期にわたって続ける必要があり、こうした小さな問題は早いうちに解決しておくことが重要。東電は対応策を練っている。



報道原発状況図
東京新聞 http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2012010802000084.htmlより引用


↓Twitterでつぶやいてます↓
アカウント @dub314 http://twitter.com/dub314

関連記事

震災汚染瓦礫問題情報まとめ(署名も出来ます)

瓦礫受け入れ自治体MAP
瓦礫受け入れ自治体MAP
↑クリックで拡大↑
http://one-world.happy-net.jp/ukeire/より



特に大阪、情報まとめました


がれき受け入れ自治体一覧&マップ http://one-world.happy-net.jp/ukeire/

瓦礫受入れやめて@大阪 http://love-peace.from.tv/

がれき受け入れについて医師の立場からの意見書PDFファイル http://www.radiationdefense.jp/wp-content/uploads/2011/12/c1a973770ad3a28000054a899b4091a51.pdf

大阪 瓦礫を止める会 http://ameblo.jp/stop-gareki/entry-11065375126.html

放射性瓦礫を受け入れるという大阪府に対して、有志の医師たちが立ち上がり会見 http://merx.me/archives/15225

BqとSvの関係・単位変換 http://www.justmystage.com/home/suzakihp/fk2/f25.html

定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第7報)平成24年1月4日 14時現在 http://www.pref.fukushima.jp/j/koukabutsu7.pdf

10万人の死亡者が予測されているアスベストの危険性 http://matome.naver.jp/odai/2131736733731199801




緊急で書きました。

この記事はまた再更新してまとめますm(__)m


↓ポチッとお願いします。ブログランキング↓



↓Twitterでつぶやいてます↓

アカウント @dub314 http://twitter.com/dub314



最後に拍手あると嬉しいですw
関連記事

【速報!淡路島沖海上 46.21μSv/10h検出】さらに淡路島・津名沖海底土壌から1.37μSv/h検出! 2012.1.7現在

海底土壌・乾燥後・線量測定結果

① 1.04μSv/h 淡路島・由良沖  

② 1.37μSv/h 淡路島・津名沖  

③ 1.09μSv/h 淡路島・岩屋沖 

④ 1.27μSv/h 明石大橋下

⑤ 0.99μSv/h 明石港沖

⑥ 1.21μSv/h 須磨海釣り公園沖の土壌乾燥後線量

⑦ 1.24μSv/h 須磨沖5Km の土壌乾燥後線量

⑧ 0.76μSv/h 富島漁港沖の海底土壌・乾燥後線量

⑨ 0.61μSv/h 姫路港、日本触媒岸壁近くの海底土壌・乾燥後線量


注意)〇で囲ってある数字は、計測地点の割り振り番号と捉えて下さい。
    はもっとも高く、はもっとも低い値。


やはり前回測定と同じ傾向が有り正常ではありません。
尚、これらのサンプル検体には余り多くのヘドロは含まれていません。
やや明石港の方に線量低下があります。
先日同様、ここ淡路島の西側の土壌は、大阪湾側に比べ一段と低かった。


 核種分析をして正確な判断が必要となるが、やはり再度の調査でも、大阪湾よりが線量が大きく出ており、淡路島をはさんで西側(九州方向)は線量が低いことが確認された。今から姫路で食事して帰路につきます。

 線量調査隊の白井です。母港・由良に到着しました。午後から風、波が高くなり速度を上げずゆっくり帰還しました。今日の調査資料は沢山あり、おいやんと相談して核種測定に出す予定です。尚、年末調査した資料は来週検査機関から結果が貰えるそうです。充分検討をしてから報告させていただきます。


安定帆の積算吸着シートから46.21μSv/約10時間吸着

検討議題1
 1月6日、瀬戸内空間線量について・・・担当した寺崎君の概略報告;空間線量が海上であるにもかかわらず、Max0.09μSv/ hの地域があった。・・・普通、僕等が使う測定器では低めにでるはずで、これは0.2~0.4μSv/h 程度なんだが・・・これに対し皆からは・・・

宇都君;なんでも1月2日から4日にかけて、福島原発から膨大な放射性物質が出たと観測されている・・・この影響があるのではないか?・・・そう、今まで海上では線量が出にくいのにこの数字は明らかな飛散(来襲)が有ったと見るのが自然と一致・・・では、安定帆の積算吸着シートを見よう・・・と

柳君が安定帆の積算吸着シートを机上に提出。・・・線量測定に注目・・・結果;46.21μSv/約10時間吸着・・・随分高い値である。・・・危険であるためすぐに専用収納袋に保管。・・・昨日、瀬戸内海空中に浮遊していた放射性物質の影響で高い空間線量が観測されたものと断定した。

船足が速いときで35ノットでしたから、スタンに取り付けた安定帆の吸着シートにはかなりの圧力がかかりますので、空中に有るものは全て強制吸着することになります。従いまして一概に4.2μとはなりません。しかし瀬戸内でこの様な数値が出たのは初めてです。



検討議題2
 海底土壌線量について・・・担当した白井君から・・採取した海底土壌を乾燥し9箇所の簡易測定をした結果;淡路島・津名沖 1.37μSv/h Maxで、淡路島東部大阪湾側で、淡路島西側については低い測定値であった。・・・これについては現在計測会社に持ち込み核種分析する・・と

玉置君から意見;北東風の影響と北西風の違いが有るのでは?淡路島が風の壁となり、汚染物が大阪湾側に堆積したのではないか?・・白井君;大阪湾は六甲山系の土壌影響があるのではないか?・・花崗岩の線量が計測されているのではないか?・・やはり核種分析結果が必要・・・と

白井君;昼食中、syashin_ya yoshi のおいちゃんからアドバイスをいただきました。なるほど潮位の変化かぁ~!考えてなかった。そういえば、鳴門海峡、明石海峡の間に淡路島がある!海底土壌の堆積具合が海流で変化するかもしれない!しかし今回調べなかった。何処かにデータ・・・

柳君;来週の分析結果と瀬戸内の状況を手分けして文献を調べて見ようや・・・と。・・・皆同意、そうすることになった。



検討議題3
 海底に生息する魚の汚染線量について;玉置君;正確なBq測定結果が必要だが、須磨海釣り公園南5Km 沖(大阪湾)、淡路島・西側・富島漁港付近のガッチョを乾燥後測定したが、0.07、0.06μSv/hと大差なく、大きな汚染線量は観測しなかった。・・まだ淡路周辺は汚染されず

海底土壌から魚への汚染移動は淡路島付近まで来ると、まだ進行していないことが分ったことは安心材料・・・海水も一部抜き取り評価だが、蒸発乾固後測定によると、、0.07μSv/h Maxでそう心配することはなかった。・・・しかし時間が経つにつれ海水、魚への移行が心配される。・・・白井

以上、考察会を終了します。・・・後、おいやんが建設中の資料館の図面を見せてもらい。・・・僕等が、汚染された道具を洗浄した後の水や廃棄物をどうするか質問・・・おいやん言葉に詰まりながらもFRPと鉛板でできたコンクリート容器を敷地内に作り、排水処理設備も作るラと云った。

以上、@JYCEagara日の本まもる https://twitter.com/#!/JYCEagaraさんからのツイート投稿より一部抜粋



そして最後に以下のこのようなリプライを頂きましたので転載します



@dub314 何時もすみません。核種分析は来週になります。尚、サンプルの魚もかなり汚染が進んでいます。またご報告します。

転載終了



@JYCEagaraさん、精力的な測定ありがとうございますm(__)m



海洋汚染の広がり
海洋汚染マップ
http://www.asrltd.com/japan/plume.php



↓Twitterでつぶやいてます↓
アカウント @dub314 http://twitter.com/dub314


最後に拍手があるとなぜかやる気がでるんですw
関連記事

※放射能速報※ 2012.1/6 表参道で「1.048μSv/h」高い線量! 福島県では430MBq/km2セシウム降下!

表参道で「1.048μSv/h」高い線量!

今瞬間1.048が出ました!!“@__kogepan__: 高い…。(-_-;) RT @Susiegogo: 表参道を3分前、 1.009マイクロシーベルト。 GCーU1 β γ線合算です。いまは0.317です。 “@TOHRU_HIRANO:

1/6 15:33
N ・M @Susiegogo http://twitter.com/Susiegogoより抜粋




福島県では430MBq/km2セシウム降下!




福島市で放射性セシウムが異常な上昇

 文部科学省が発表した福島市内の「定時降下物環境放射能測定結果」によると、同市内で検出されたセシウム134、137の値が異常に上昇していることがわかった。

 1月4日午後2時時点の測定結果によると、福島市内で1月2日午前9時~1月3日午前9時までは、セシウム134が180MB(メガベクレル)/平方キロ、セシウム137が252MB/平方キロとなった。

 その前日の1月1日午前9時~1月2日午前9時までは、134、137ともに、ND(検出限界値未満)だった。また、それ以前と比べても、2日~3日の値は軽く10倍以上となっている。

http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/yucasee-20120105-10032/1.htmより引用





younosukeさんによるグラフ

セシウム
https://twitter.com/#!/younosuke/status/154787555777318912/photo/1より転載


1/6 15時現在の定時降下物
セシウム
https://twitter.com/#!/younosuke/status/155189297119641602/photo/1より転載






速報 福島中心にセシウム急増  マスク必要!!

速報 福島中心にセシウム急増  マスク必要!!武田邦彦 http://takedanet.com/2012/01/post_43b1.html



出来るだけマスクを心がけましょう



↓Twitterでつぶやいてます↓
アカウント @dub314 http://twitter.com/dub314


関連記事

山崎製パンに含まれる発がん性物質『臭素酸カリウム』

ふんわりパンの危険性


かつてはパン生地、魚肉練り製品などの改良材として用いられたが、ラット腎臓における発癌性が指摘され、国によっては使用が禁止・制限されている。

イギリスは1990年、ドイツは1993年、カナダは1994年、中国は2005年、食品への使用を禁止した。アメリカは全面禁止していないが、多くの州で、臭素酸カリウムを使用した食品にはその事実をパッケージに明記するように定められている。

日本では、パン以外の使用は禁止された。パンについても厚生労働省による行政指導で使用自粛が要請されたが、2003年、一部業界団体が、臭素酸カリウムの分析精度が向上したことを理由に、正常の製パン工程を遵守した場合には加熱により分解され、パンから測定限界で臭素酸カリウムの「残存が検出されない」(「残存ゼロ」とは表記しない)とし、山崎製パンなど、使用を再開したメーカーが出現した。

ビタミンCなどを利用した代替方法が開発されていることもあり、引き続き使用していない製パン業者も多い。残存が検出されないことが前提のため、使用したことが製品に表示されず、消費者が使用の有無を知るのは困難である。

しかし山崎製パンは、臭素酸カリウムを製造工程で使用した製品については、製品パッケージの裏面に「このパンには品質改善と風味の向上のため臭素酸カリウムを使用しております。残存に関しては厚生労働省の定める基準に合致しております」と注釈を付け加えている。

臭素酸カリウム wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AD%E7%B4%A0%E9%85%B8%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0より一部抜粋



検証



○パン生地改良剤としての臭素酸カリウムの使用再開について

発がん性が確認されている臭素酸カリウムが、小麦粉改良剤として表示条件つきで使用を再開されたことに対して不安に思っています。

(岡山県 女性 56歳 その他消費者一般)



〔厚生労働省からのコメント〕


 臭素酸カリウムは小麦粉や魚肉ねり製品の品質改良剤として、我が国では、昭和28年に食品添加物に指定されております。
 昭和57年には、我が国において実施された試験において、発がん性が認められたこと、パンの製造過程において分解することなどから、審議会における審議を経てパン以外への使用を禁止し、パンについても最終製品に残存してはならないという使用基準を策定しました。
 その後、米国ではパンへの使用が認められているが、欧州では使用を禁止している等の海外の規制状況を踏まえ、平成13年3月及び平成14年7月に、現時点における安全性評価を薬事・食品衛生審議会に依頼いたしました。
 その結果、高感度に改良した新たな分析法によって監視等を行うことにより安全性を確保する上で支障はないとの結論を得ました。
 この結論に従い、厚生労働省は、平成15年3月、新しい食品中の臭素酸カリウム分析法について、都道府県に通知し、その監視を強化いたしました。
 なお、社団法人日本パン工業会からの説明によると、臭素酸カリウムを使用するパンには、当該添加物を使用する旨の表示を行うとしており、そういった観点から消費者への適切な情報提供がなされていると考えております。



Q 臭素酸カリウムとは何ですか。


A 臭素酸カリウムはパン生地改良剤として昭和28年から食品衛生法でパンに使用が認められている食品添加物です。
 その働きはパン生地の発酵を格段に改善し、小麦粉のタンパク質を伸展性のあるものに変えて、ふっくらしてソフトで風味のよいパンをつくるのを助けます。
 昭和57年、臭素酸カリウムのラットへの高濃度投与(500ppm、250ppmを毎日飲料水として長期にわたって投与)による動物実験により、発がん性が認められたことから規制が強められましたが、パンの製造過程において分解することなどから、30 ppm以内の使用で最終製品には残存してはならないという使用基準が策定されました。
 平成4年、厚生省より(社)日本パン工業会に対し使用自粛の要請があり、パン工業会会員を中心に使用を自粛しましたが、使用自粛の科学的根拠が示されなかったため使用自粛の科学的根拠を明らかにする努力が開始されました。
 米国FDA(食品医薬品局)の見解により、パン中の臭素酸の残存量が30 ppb以下であれば検討の余地があるとの示唆を受け、パン中の臭素酸残存分析法の開発に取り組みました。
 分析法は次第に精度が上がり、現在では 0.5 ppbレベルまで検出が可能になりました。
角型食パン(プルマン型食パン)では、適正な製造工程を遵守するならば、0.5 ppbレベルで残存することはありません。
 さらに臭素酸カリウムを溶液化して添加することにより、パン生地中の臭素酸の働きが促進され、食パンの品質が格段に改善し、風味も向上することがわかりました。
 また、溶液化した臭素酸カリウムとビタミンCとを併用することにより、今まで困難であった国産小麦100 %の食パンの製造が可能となりました。
 このように臭素酸カリウムは極めて有効で、かつ安全性が確認された角型食パンの品質改良剤です。


*ppbというのは、10億分の1を表す単位(ppmは100万分の1を表す単位)で、0.5 ppbは香料や包材等にある化学物質(発がん性物質であるなしに関わらず)が食品に移行したとしても、それ以下であれば全く問題ないとされている量です(JECFA(FAO/WHO 合同食品添加物専門家会議)並びに米国FDA(食品医薬品局)の資料による)。



Q これまでの技術との違いは何ですか。


A 平成4年に製パン業界では臭素酸カリウムの使用を自粛してから、この代替としてビタミンCを使用しています。
 ビタミンCと臭素酸カリウムを比較すると、臭素酸カリウムを使用したパンは発酵とグルテンの形成が格段に改善されるため、よりソフトで歯切れもよく、パン本来の豊かな風味が引き出されます。
 臭素酸カリウムを使用したパンは、グルテン膜が薄くしっかりと伸びているため、水分をパンの中に閉じ込めて老化しにくくなります。
 また、臭素酸カリウムを溶液化しビタミンCと併用することによりパン生地中での働きを高め、品質改善効果をさらにアップさせる新技術が開発されました。



Q 安全性の確認はどのように行っているのですか。


A 食品衛生法では、臭素酸カリウムは最終製品に残存してはならないとされています。角型食パンについては、厚生労働省が定めた検出限界0.5ppbという高精度な分析法で残存しないことが確認されています。
 また、一般社団法人 日本パン工業会 科学技術委員会小委員会では、適正な製造を行うための自主管理基準を作成しており、これにより第三者機関である(社)日本パン技術研究所によってパン中の臭素酸カリウムの残存がないことを確認しています。
 また、発売後も定期的に残存がないことをチェックしています。
現在、米国では臭素酸カリウムが広く使用されており、米国FDA(食品医薬品局)は20ppb以下の残存なら安全との公式見解を出しています。
 また、日本では水道水中に含まれる臭素酸カリウムの残留について、10ppbの残留許容基準が設けられています。



Q 表示はどうなっていますか


A 臭素酸カリウムは加工助剤として最終製品中で分解または除去が義務付けられているため、法律上の表示義務はありません。
 しかしながら、臭素酸カリウムを使用して製造する角型食パン全品に対し下記の表示を行い、サンドイッチ等の二次加工品につきましても簡略化したものを表示します。


本製品は品質改善と風味の向上のため、臭素酸カリウムを使用しておりますが、その使用量並びに残存に関しては厚生労働省の定める基準に合致しており、第三者機関によって確認されております。
(一般社団法人 日本パン工業会 科学技術委員会小委員会)

日本パン工業会科学技術委員会小委員会 http://www.pankougyokai-subc.jp/q&a.htmlより一部抜粋



FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)の評価

1964年
第7回会合で臭素酸カリウムについて評価が行われ、その後飲水投与された場合にラットにおける発がん性が示された。

1983年
第27回JECFAで検討が行われました。
入手された証拠から、小麦粉処理剤として使用された場合には臭素酸は製品の焼成中に臭化物に還元されることが示され、臭化物の毒性学的な問題の検討は先送りされた一方、臭素酸は食品に残留すべきでなく、臭素酸カリウムは最終的に臭素酸が残留しなれば使用可能とされました。
このような理由により、臭素酸カリウムの小麦粉処理剤としての暫定許容量を最大で小麦粉1 kgに対して75 mgとしました2)。

1989年
第33回JECFAでは、臭素酸は最終食品に残留すべきではないことを再確認した上で、75 mg/kgの使用ではパン中に臭素酸の残留が確認されたため、小麦粉処理剤としての許容量は60 mg/kg以下にすべきであるとされました。
また、臭素酸カリウムの許容量以下の使用では、臭化物は毒性学的には問題とならないとの見解が示されま
した3)。

1992年
第39回JECFAでは、新たな毒性学的データが評価され、経口投与による長期毒性・発がん性試験では、ラットにおいては腎細胞腫瘍、腹膜中皮腫、甲状腺ろ胞細胞腫瘍が発現し、ハムスターにおいては腎細胞腫瘍の発現率のわずかな増加が認められたとされています。
これらの知見及び in vivo 並びに in vitro での変異原性試験結果に基づき、臭素酸カリウムは「遺伝毒性発がん性物質」であるとの結論となりました。
また、小麦粉への60 mg/kg以下の使用であっても微量の残留が見られることが明らかになったため、臭素酸カリウムの小麦粉処理剤としての使用は適当ではないとされ、小麦粉処理剤としての使用の許容量は削除されました4)。

1995年
第44回JECFAでは、新たな毒性データはないものの、当時新たに開発された分析法により、臭素酸カリウムで処理された小麦粉で製造したパン中に残留臭素酸が検出されたとの報告がなされ、再度、小麦粉処理剤としての臭素酸カリウムの使用は適当でないと結論されました5)。



国際癌研究機関(IARC)の評価

IARCにおける発がん性に関する評価では、臭素酸カリウムは発がん性分類の中の「グループ2B」(ヒトに対して発がん性があるかもしれない)注に分類されています6)。



我が国における規制の状況等

1953年
食品衛生法に基づき、臭素酸カリウムが食品添加物(小麦粉処理剤及び魚肉ねり製品)として指定されました。

1982年
我が国において実施されたラットの発がん性試験で腎への発がん性が認められたことから7)、厚生省は同年、食品衛生調査会での審議を経て使用基準を改正し、パン以外への使用を禁止し、使用量を臭素酸として小麦粉1 kg につき0.030g 以下とし、かつ最終製品には残存してはならないとしました。

1997年
科学技術の進歩に対応してパン中の臭素酸カリウム分析法(定量限界 10μg/kg)を新たに通知されました(2000 年に一部改正)。

2001年
薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会毒性・添加物合同部会において、「残留の有無は分析法の検出限界によるところ、さらなる安全性確保の観点から、検出感度を可能な限り高めるべく、より高感度な分析法の開発を検討する。そして、そのより高感度な分析法を用いて、市販パン等における調査を実施し、残留の有無を確認する。」こととされました。

2002年
厚生科学研究で行われた高度分析法の開発及びパン中の臭素酸残留実態調査から、検出限界1 ppb、定量限界2 ppb にまで感度が向上したこと、市販パン等135 検体で臭素酸の残留は確認できず、輸入冷凍パン生地等で臭素酸が一部微量に検出されたが、パン焼成時には完全に分解されると考えられ安全性上問題となるような結果は得られなかったと報告されました8)。
以上を踏まえ、高感度に改良した新たな分析法によって監視等を行うことにより安全性を確保する上で支障はない
と結論されました。

2003年
3月に、食品中の臭素酸カリウムの分析法を改正し、都道府県に通知しました9)。
改正された分析法の検出限界は0.5μg/kg に引き下げられました。



諸外国における規制の状況等


1958年 米国
食品添加物改正法制定以前から、パン生地調整剤及び小麦粉改良剤として使用が認められている既認可物質です。
現在は、米国食品医薬品庁(FDA)が小麦粉の全粒粉に75 ppm未満、漂白粉に50 ppm未満の使用を認めています11)。
FDAは、パン中の臭素酸残留量の安全レベルを20 ppb以下と評価しており、高感度分析法を開発し、この値を超えないよう残留臭素酸のモニタリングが行われています。

1990年 英国
臭素酸カリウムが最終食品に残留しないという確証が得られないとして、パン製造時における使用が全面的に禁止されています12)。

1993年 南米メルコスール(南米南部共同市場)
統一添加物リストから臭素酸カリウムを削除し14)、加盟国は2003 年までに国内での使用を禁止しています。

1994年 EU
「特定危険物質の販売・使用制限に関する理事会指令」の別表の発がん性物質のリストに臭素酸カリウムが掲載されました13)。そしてEU 加盟国のほとんどは1997 年までに使用を禁止しています。

2005年 中国
7月1日から小麦粉処理剤として小麦粉に使用することを禁止しています15)。

臭素酸カリウムとは - 食品安全委員会 PDF資料 http://www.fsc.go.jp/sonota/factsheet-kbro.pdfより一部抜粋



山崎製パン「ランチパック」


「ランチパック」シリーズのパンには品質改善と風味の向上のため臭素酸カリウムを使用しております。
残存に関しては厚生労働省の定める基準に合致しております。
((社)日本パン工業会 科学技術委員会小委員会)

山崎製パン「ランチパック」ページ http://www.yamazakipan.co.jp/brand/02_03.htmlより一部抜粋




山崎製パン wikipedia

山崎製パン wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E8%A3%BD%E3%83%91%E3%83%B3




結論


微量ながら含まれていた場合、健康被害リスクはあるとわかった。

放射能と同じでただちに影響はないのだろうが、健康を考えるならなるべく無添加が良いに決まってる。

少なくとも子供には食べさせたくない。

子供と家で作るパンは楽しいし美味しい。

作る楽しみも味わいながら美味しく味わいましょう。





↓Twitterでつぶやいてます↓


アカウント @dub314 http://twitter.com/dub314





関連記事

医療用大麻について正しく知って欲しいこと

大塚製薬とGWファーマシューティカルズ
カンナビノイド系がん疼痛治療剤「サティベックス(Sativex®)」
の米国におけるライセンス契約締結 2月14日


「サティベックス」はカンナビスからの抽出物であるテトラハイドロカンナビノールとカンナビダイオールを主成分とする溶液で、口腔内スプレーで薬剤を投与します。カンナビノイド受容体に作用する事により、モルヒネとは異なる作用機序を介して鎮痛効果を発揮します。

GW社は2005年にカナダにおいて、「多発性硬化症に伴う神経因性の疼痛治療(上乗せ投与)」という適応を取得し、バイエル社が販売を行っています。米国では、2006年にFDAより出された「オピオイド系薬剤による治療で効果の見られない末期がんの患者の疼痛治療」での「サティベックス」の開発を後期段階から進めることの許可を受け、GW社と大塚製薬はフェーズII/III試験を本年より行う予定です。

Beth Israel Medical CenterのラッセルKポーテノイ博士は、「以前のフェーズIII試験において、『サティベックス』は、末期がん患者の疼痛の軽減に対し有意な改善を見せました。現在米国には390万人のがん患者がおり、そのうちの250万人が痛みに苦しんでいるといわれています。オピオイド系薬剤は高い効果のある疼痛治療剤ですが、一方で進行したがん患者の1/3は十分な効果を得られていないという試験結果も報告されており、新たな治療法が必要とされています。カンナビノイド系疼痛治療剤は将来において重要な治療の選択肢となる可能性があり、『サティベックス』の臨床試験において得られた結果はカンナビノイド系疼痛治療剤の役割を決定する重要なデータになるでしょう。」と述べています。

現在、大塚製薬とGW社は、今回のライセンス契約を基点に、中枢神経系領域などへの応用が期待されるカンナビノイド系化合物の共同研究を視野にいれています。

大塚製薬は、‘Otsuka - people creating new products for better health worldwide’の企業理念のもと、世界の人々の健康に寄与してまいります。


http://www.otsuka.co.jp/company/release/2007/0214_01.htmlより

「大塚製薬が医療用大麻サティベックス(Sativex®)の独占的販売権を獲得」  精神医学

http://sun.ap.teacup.com/voidphrenia/582.html

マリフアナ合法化へ法案 「規制は無駄」と米下院議員
2011.6.25 12:05
 米下院のフランク議員(民主党)と来年の大統領選に出馬表明したポール議員(共和党)は24日までに、マリフアナの使用や栽培などを連邦法上、合法化する法案を提出した。与野党の議員が党派を超えて協力した格好だが、米メディアによると、実際に審議される見通しは低い。

 フランク議員は声明で「飲酒や喫煙と同様にマリフアナ吸引を擁護するつもりはないが、取り締まりの対象にするのは労力の無駄だ」と訴えた。

 ロイター通信によると、米政府が2010会計年度(09年10月~10年9月)に麻薬取り締まりに投じた費用は151億ドル(約1兆2000億円)。マリフアナを吸引している米国民は推定で1150万人に上る。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110625/amr11062512070006-n1.htm



また追記します


関連記事

【福島第一原発事故】放射能汚染シュミレーション&MAP※アメリカの汚染が深刻~チェルノブイリとの比較

【福島第一原発事故】放射能汚染シュミレーション&MAP※アメリカの汚染が深刻~チェルノブイリとの比較


アメリカへの沈着が激しい(クリックで拡大)

福島第一原発事故、放射能拡散MAP

そしてチェルノブイリとの比較(クリックで拡大)

チェルノブイリ原発事故、放射能拡散MAP


単位がやや違うのでよく注意して見るとアメリカの汚染の激しさに気付きます



福島第一原発から放出される放射性物質の拡散していく様子のシュミレーション

↓下のリンクから確認して下さい↓


http://cerea.enpc.fr/en/fukushima.html

画像は全て上記リンクからの転載





↓Twitterでつぶやいています↓

アカウント @dub314 http://twitter.com/dub314


最後に拍手があると頑張れますm(__)m

2012.1.2速報※淡路島沖海底土壌から1.21μSv/h検出!

2012.1.2速報※淡路島沖海底土壌から1.21μSv/h検出!

twitterでこんな投稿を見付けた

まずはこちらからご覧頂こう

https://twitter.com/#!/JYCEagara/status/153701713000407040

これを抜粋すると(以下、転載します)


淡路島・西側・郡家沖の海底土壌の乾燥後線量;0.83μSv/h でした。東側の淡路市沖の1.21μSv/hとは明らかに差が有ります。即ち、今回の調査で速報できることは、淡路島より東側の大阪湾は汚染が進み、西側瀬戸内は淡路島でブロックされるように汚染は進んでいなかったという事です。


引用終わり


そして、測定方法等はこちらから推測出来ます

https://twitter.com/#!/JYCEagara/status/152944833630187521


上記リンク、以下に転載します


【基礎知識】高い装置を買わずとも、水や牛乳などの水系の放射線量を測定する方法はあります。私は、9μSv/h程度の放射線までは、Radi PA-1000で充分正確に測定します。その方法は、容器に入れ、ゆっくり加熱して、蒸発乾固し残渣を測定するのです。正確な汚染状況を知ることが可能。



引用終わり



つまり、西日本での海洋汚染はいよいよ本格的になってきたのかもしれない

今回の海底土壌サンプリング調査の情報主↓

@JYCEagara http://twitter.com/JYCEagara





海洋汚染の広がり


http://www.asrltd.com/japan/plume.php


海洋汚染マップ




日々、拡がりをみせる海洋汚染は留まる事を知らない

想像力を膨らませ、これからどう行動していくか?

今一度、再考を






twitterでつぶやいてます

http://twitter.com/dub314

↑アカウント @dub314



最後に拍手があると何故かやる気が出ますm(__)m


関連記事

閲覧者
プロフィール

dub314

Author:dub314
無限大の感謝 虹の父 滅原発即廃炉 避難移住疎開 被曝防御 瓦礫広域処理→いのちを守る緑の防潮堤 医療用大麻 脱法ハーブ撲滅 情熱 希望 慈悲 がん 鍼灸 宇宙 RADEX1503ロシア製 PM2.5 気になる情報不定期配信 私的メモ
twitter→@dub314

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
☆ランキングも宜しくお願いします☆

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。