スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園との話し合い2(給食、放射能、内部被曝)

そして、保育園との話の続き




妻と私は会議室に通された




しばらくすると、園長、他2名の職員が入室





空気はとても重く感じられ、場には笑みが消える





すかさず昨夜、作成した資料をそれぞれ渡し本題へと入る事になる





冒頭から


園長   『んー…私は放射能に対して全くわかりません』





私    『今、全てを話するのは膨大な情報な為、時間が足りません。簡単にまとめてあるのがお渡しした資料になります。』





私    『給食から弁当持参については資料の通り、そして関東では当たり前の議論になっています。』





園長   『うちの食材は、低農薬な物を使っているし…信じて下さい』





私    『以前からも言っていますが、給食食材の産地を公表すれば少なからず安心にも繋がりますけど…』





園長   『給食食材業者は昔からの付き合いもあるし…毎日の事だから公表するのが難しい』





私    『政府が言うように、後だしジャンケンみたいに知るのは恐いです。特に魚への汚染も始まり、陸揚げされた所が産地になる今の現状からすれば、まさに放射能のロシアンルーレットを子供にさせる事になる』





職員   『お家ではどうせれているんですか?』





妻    『主に九州産、岐阜よりも西の物を買っています。肉はだいぶ減らしましたが、オーストラリア産、ブラジル産、アメリカ産で魚も国内物は一切買っていません。』





職員   『はぁ…ぁぁ(感心のような…)』





園長   『弁当は持って来ても構いません。出来れば給食献立と同じにして欲しい』





私    『それはこちらも対応しなければなりません』





職員   『アレルギーの場合も……』





私    『誰だって放射能はアレルギーじゃないんですか?信じてくれと言われても、実際に線量を測れば出てくるんですよ。それならしっかり数字で出せば本当に信用が出来る』





園長   『でも、本当にうちは食育もしっかりとテーマにしているし、そこが自慢なんですよ。信用できませんか?んー、困ったなぁ…悩むなぁ…』





園長   『食材業者には…話をします』





私    『そうです。放射能の事をしっかり勉強して意識を共有しなくてはならないです』





園長   『給食の時、弁当から給食用のお皿に移し変えて等の対応は出来ます。でも、決まりがあって、調理してから2時間以内に食べないといけない。だからおやつはどうしましょう…』





私    『ありがとうございます。おやつはメニュー合わせるのも難しいかもしれないですね。時間制限まであると限られてくる…難しいですね』





園長   『そして、お子さんの気持ちも大事なんです。本人がどう思うか…それが心配で』





私    『そこは一番肝心なところだと思います。でも病気になるかもしれない問題ですから保育園を辞めて近所のコミュニティで育てる事の方が本人の為になると思います。実際、妻も仕事を辞めました。だから保育園に子供を預ける定義が無いのですから、辞めるのも簡単です。しかし、自分の子供だけの問題ではない』





園長   『困ったなぁ…食育は自慢のテーマで、仲間と協力し合って同じテーブル楽しく食べて、いっぱい遊んで良く寝て…』





私    『311以降、世界は変わったんです。園長が言うように、そのスタイルが好きだったし子供にも良いと思ってました。それと放射能は別物なんです』





園長   『国が大丈夫と言っているのを信じるしかない。大阪市が大丈夫と言っているから』





私    『国は教えてくれませんよ。だから私みたいな個人が動いているんです。調べているんです。後でわかって手遅れになりたくないでしょ?』





園長   『お父さん、どこで調べてくるんですか?』





私    『インターネットからが多いです。テレビではほとんど言われていない情報がたくさんあります。今、こうして動いている人は、子供を抱えた時間の無いお母さん達なんです』






園長   『保育園としては活動に関わることは出来ませんが弁当に対しては認めます』





園長   『国がちゃんと説明してくれたらいいのに…』





私    『因果関係は認めませんから無理ですよ、今だって既に時間がないんですよ。あれから8ヶ月も過ぎたんですよ?なのに政府は来年の4月から、乳幼児等の暫定基準値改正なんて…今すぐにやらなくてはいけないんです』





園長   『そうですよね…8ヶ月…』





園長   『お弁当はお母さん、大変だと思いますけど大丈夫そうですか?』





職員   『本当に大変だと思うし、お父さんも協力しないと…』




妻    『………』




私    『………』




園長   『このまま見切り発車するのはやめておきましょう、一度、話を持ち帰りませんか?』




私    『それでいいと思います。お渡しした資料をよくご覧になってからで。今は消化出来ませんから。ただ、このような場を作り、議論する事だけでも意味があると思います』





園長   『明日からお子さんはどうしますか?』





私    『弁当の話が決まるまでは休ませます』





園長   『わかりました』










簡単な流れはこんな感じで2時間程





意識の薄さは国や市が言っている事の丸呑みで、情報なんて一つも持っていなかった





この無知ぶりは、関西の教育現場では当たり前の事なんだろう





危機意識の薄さ、行政の一部である保育園の立場が浮き彫りになったが、柔軟な対応は評価出来る





お互いにこの問題は協力、共有していく事となったのだが、この日はその第一歩となったのである






ちなみにうちの子供に何度聞いても『保育園、だ~いっきらい!だってママとバイバイするのいややもん』





これが本音やわ






母の愛が一番必要なんだと改めて感じた一日でもあった











ツイッターで呟いてます



ここクリックでツイッターアカウント@dub314へ飛びます






随時、更新します








拍手があるとやる気が出ます(笑)




関連記事

コメント:

参考になります na2_x_x_x : 2011/12/03 (土) 00:56:49 修正

これから関西で子供を育てようとしてる世代なので、とても参考になります。
関東より意識が低いことの危険・・・気付きが得られました。

Re: 参考になります dub314 : 2011/12/03 (土) 02:27:06 修正

> これから関西で子供を育てようとしてる世代なので、とても参考になります。
> 関東より意識が低いことの危険・・・気付きが得られました。




ありがとうございます。

関西では家庭レベルで危機意識が薄くとても恐い状況です。

出来る事はやっていきたいのですが、放射能に対しての知識の共有が不可欠で、現状はブログの通り基盤作りからのスタートです。

これから子育てとの事で不安はあると思いますが、私が協力出来る事は力になるかわかりませんが、協力していきたく思いますので、いつでもご相談下さい。

ツイッターがメインなので、同時に活用されるとリアルタイムで情報をお届け出来るかもしれません。

またブログも随時更新していきますのでどうぞ宜しくお願いしますm(__)m


rastafariancuba : 2012/01/23 (月) 12:25:05 修正

こんにちは。ツイッターでいつも拝見しております。
dub314さんのように知識もなく、また賢くもない シングルマザーの私ですが、
また同じく対応されてるママ友もいませんが、とにかく牛乳飲用をやめてもらう
意見書をだすつもりで、(大阪市内の保育園です)
お弁当については、まだ考えれていませんが、牛乳の次に、牛肉がはいったものを
やめるようしていきたいと考えています。

一番影響がでる幼児の保育園こそ、もっと対応してほしいです。
今保育園で対策について業者がしてるのか、小学校みたいに産地表示をと、
なんらか書類いただけるのを待っている次第です。
 
園への申請の際、なんらかアドバイスあれば是非お伺いしたいです。

よろしくお願いします。

Re: タイトルなし dub314 : 2012/01/26 (木) 00:41:21 修正

> こんにちは。ツイッターでいつも拝見しております。
> dub314さんのように知識もなく、また賢くもない シングルマザーの私ですが、
> また同じく対応されてるママ友もいませんが、とにかく牛乳飲用をやめてもらう
> 意見書をだすつもりで、(大阪市内の保育園です)
> お弁当については、まだ考えれていませんが、牛乳の次に、牛肉がはいったものを
> やめるようしていきたいと考えています。
>
> 一番影響がでる幼児の保育園こそ、もっと対応してほしいです。
> 今保育園で対策について業者がしてるのか、小学校みたいに産地表示をと、
> なんらか書類いただけるのを待っている次第です。
>  
> 園への申請の際、なんらかアドバイスあれば是非お伺いしたいです。
>
> よろしくお願いします。





お答えします

給食の問題は栄養士さんや調理師さんも交えて話すのがまず第一と考えます。

カルシウムの変わりにストロンチウムを経口投与出来ると栄養士さんが言うなら事態は深刻ですね。

その辺の気付きだけであっさりいける所も実際あるみたいです。

あとは私のBlog記事に実際持っていった給食の請願PDF資料があるので参考になれば幸いです。

rastafariancuba : 2012/01/26 (木) 12:41:16 修正

ありがとうございました。

資料を参考にさせていただき、行動に移したいと思います。

Re: タイトルなし dub314 : 2012/01/26 (木) 13:11:03 修正

> ありがとうございました。
>
> 資料を参考にさせていただき、行動に移したいと思います。




「保育園との話し合い」の最初の記事だったと思います。
長い戦いになるかもしれませんが情報を共有しながら頑張っていきましょうね!
修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

閲覧者
プロフィール

dub314

Author:dub314
無限大の感謝 虹の父 滅原発即廃炉 避難移住疎開 被曝防御 瓦礫広域処理→いのちを守る緑の防潮堤 医療用大麻 脱法ハーブ撲滅 情熱 希望 慈悲 がん 鍼灸 宇宙 RADEX1503ロシア製 PM2.5 気になる情報不定期配信 私的メモ
twitter→@dub314

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
☆ランキングも宜しくお願いします☆

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。