スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【高レベル放射性汚染水・福島第一原発】新たな井戸からも高濃度汚染水、β核種90万ベクレル検出(7/5報道&東電資料)

新たな井戸からも高濃度汚染水 福島第1原発、90万ベクレル
主要 科学・環境 2013/07/05 21:55【共同通信】

 福島第1原発の海側にある観測用井戸の水から高濃度の放射性物質が検出された問題で、東京電力は5日、地中への拡散状況を調べるため2号機海側に新たに掘った井戸で、ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり90万ベクレルの高い濃度で検出されたと発表した。
 新たな井戸は2号機の東側で、海まで約25メートル。事故直後の2011年4月に極めて高濃度の汚染水の海洋流出が確認された作業用の穴から数メートルしか離れていない。
 東電の尾野昌之原子力・立地本部長代理は「事故直後の漏えいの影響が出ているのか、引き続きよく見ていきたい」としている。

http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070501002219.html
7/5共同通信



以下、東京電力資料になります↓
7/5東電β線90万Bq/l
画像クリックで拡大↑
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/2013/images/2tb-east_130705_02-j.pdf
以上、7/5東京電力



前回の記事はこちら↓
【ストロンチウム、海に漏洩の可能性高まる】海から6メートルの井戸からストロンチウムとみられる3,000Bq/l検出〜新たに汚染地下水 護岸から6メートルの井戸〜(6/30福島民友)
http://dub314.blog.fc2.com/blog-entry-110.html



↑つまりのお話をしたいと思います。
その差300倍ですね。


更に、セシウム134と137合算で『309Bq/l』に対して、ストロンチウムを含んでいるであろうβ核種『90万Bq/l』という事は、セシウムの3,000倍ですね。


海洋の魚にはβ核種による汚染はないのでしょうか?
厚生労働省の発表する資料では、セシウムとヨウ素だけしか記載がありません。
流通品の魚からセシウムが検出されていますが、本当に大丈夫なのでしょうか?


ストロンチウムの毒性は、セシウムの300倍と言われておりますが…。



情報共有の為ブログランキング投票、ご協力宜しくお願いします。
↓こちらをクリック↓


最後までお読み頂きましてありがとうございます。
悲劇を繰り返さないよう、多くの人々に情報が共有される事を願います。

感謝m(_ _)m
関連記事

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

閲覧者
プロフィール

dub314

Author:dub314
無限大の感謝 虹の父 滅原発即廃炉 避難移住疎開 被曝防御 瓦礫広域処理→いのちを守る緑の防潮堤 医療用大麻 脱法ハーブ撲滅 情熱 希望 慈悲 がん 鍼灸 宇宙 RADEX1503ロシア製 PM2.5 気になる情報不定期配信 私的メモ
twitter→@dub314

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
☆ランキングも宜しくお願いします☆

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。